本寄附分野の概要

【活動内容】
 循環・エネルギー技術システム分野では、社会問題を解決して社会に貢献する技術システムとして、バイオマス(廃棄物系、未利用、資源作物)を中心とした安全・安心な再生可能エネルギーの普及化促進技術システムと、廃棄物のリサイクル・処理技術の効率化と採算性向上を目指した技術システムを研究開発する。具体的には、下記の(1)~(4)の研究課題に取り組む。

(1)廃棄物系バイオマス(生ごみ、下水汚泥、家畜ふん尿等)のバイオガス化事業の
   フィージビリティスタディ
(2)木質・草木系バイオマスのエネルギー事業の普及方策の検討
(3)ABC構想を実現するための最終処分システムを組み込んだ広域連合型事業の
   提案
(4)事業展開のための国際化・人材育成支援のグランドデザイン

【期間】
 2015年10月~2018年9月

【寄附会社】
 いであ株式会社
 岩田地崎建設株式会社
 有限会社エネルギーシステム研究所
 応用地質株式会社
 小川建設工業株式会社
 鹿島建設株式会社
 大成建設株式会社
 日立造船株式会社
 八千代エンジニヤリング株式会社
 日立セメント株式会社 (平成29年3月より)

【スタッフ】
 客員教授 古市 徹
 特任助教 藤山 淳史

【研究体制】
研究体制

【研究成果などの情報発信】
情報発信

本寄附分野では、情報発信として以下を予定している。
(1) セミナー(札幌開催、年2~3回)
(2) シンポジウム(東京または札幌開催、年1~2回)
(3) メールマガジンの発行(随時)
(4) ホームページ(随時更新)
(5) その他:国内・国際学会での研究発表、関連雑誌への投稿、成果物の出版など