背景写真:ナノ粒子により描かれた北海道」の透過電子顕微鏡写真

背景写真:
「ナノ粒子により描かれた北海道」の透過電子顕微鏡写真


大学生・大学院生募集


先進材料ハイブリッド工学研究室への入り方

大学生として入ろう!

1

一般の高校生は、北海道大学の入学試験を受けてください。先端材料ハイブリッド工学研究室は「応用マテリアル工学コース」に所属しています。「応用マテリアル工学コース」は「応用理工系学科」の1コースです。

さて、北大に入るには入試を受けないとだめですが、実は「応用マテリアル工学コース」は工学部のなかでも珍しくAO入試をやっています!定員は少ないですが、そこの君。マテリアルに進学したいなら、受けてみない理由はない!もちろん、北海道の生徒さんだけが受けているわけではないですよ。全国から応募していただいてOKです。AO入試の要項を請求してみてみよう!で、応用マテリアル工学コースのAO入試は1浪の君も志願できます。マテリアルを勉強したくて頑張っていて、ここで決めておきたい君はAOを考えてもいいんじゃないかな。

ただ、AO入試でもセンター試験を受けなければならないので注意してくださいね。これは、みなさんが大学に入って十分ついてこれるかをみていますよ。高校時代に勉強しないで入ってきても、大学で大変なだけです。高校で十分に勉強しようね。

AO入試で入学した学生さんは、学内で進路振り分けはありません。自動で応用マテリアル工学コースに進学することになります。知らないかもしれませんが、実は、応用マテリアル工学コースは工学部でも人気コースなんですよ。

さて、多くの人はそのあとの一般入試で北大に入ろうとするでしょう。

一般入試では、まずは、北大は国立大学なので、センター試験を受けましょう。要求される科目には十分注意してくださいね。センター試験はマーク式なので、つまらないミスが命取り。しっかり確認してマークしましょう。友人のお子さんが失敗したと聞いたのが、数学などにある選択問題の解答箇所を間違えるミス。これは十分気をつけましょう!1年間が水の泡になります。

そこで十分な点数を確保したら、2次試験。前期試験と後期試験があります。定員は前期試験が多いのですが、後期試験にも十分な定員がありますから、よく考えて受験してください。前期試験は、「理系総合」で入ります。後期試験は学科別になっていますから「応用理工系学科」を志望しましょう。前期で超難関大学を志望した方も、後期で北大というのもいいですね。お待ちしています。

「理系総合」で入学しても、「応用理工系学科」で入学しても1年生の最後に進路振り分けがあります。1年生の間、しっかり勉強してくださいね。そして、1年生のあいだにコース説明会がありますから、ぜひ参加して応用マテリアル工学コースの魅力を体験してください。

工業高等専門学校からの編入学試験

2

さて、もう一つの方法として、工業高等専門学校からの編入学が考えられます。高専は、5年制ですよね。修了したあと、まだ勉強したいなと思っている君。専攻科という選択もありますが、大学への編入学という選択もあります。ぜひ検討してみてください。編入学しても、高専での単位を振り替えて認定してもらえますから、頑張ればきちんと中学から数えて7年で大学を卒業できます。

そして、北大の応用マテリアル工学コースに来た学生さんは、4年生になる前に、「先進材料ハイブリッド工学研究室」をぜひ志望順位1位に書いてください。きっと一緒に勉強できると思います。

大学院生として入ろう!

後の大学院生募集の欄も参照してください。ここでは入り方をまとめて紹介しましょう。

3

北大の応用マテリアル工学コースの君、そのまま「材料科学専攻」の試験を受けてください。TOEICは取得済み?募集要項をみておいてください。先進材料ハイブリッド工学の教員はみんな英語ぺらぺらですから、先生についていくのも手です。

そのほかの大学の材料工学系学科の君も、そのまま「材料科学専攻」の一般入試を受けることになります。最近取ったTOEICの十分なスコアを持っていると試験を受けなくてもいい場合があるので、取っておいたらどうでしょうか。スコア持っていると就職活動にも役立つはずだし、何回も試験があるから、受けておいて損はないと思います。そしたら、専門科目の勉強を頑張ろう。甘く見ると通らないよ。研究室の学生に相談してみてもいいと思いますよ。でも、まずは、一度見学しましょうか。それからでもいいですね!

他大学の学生諸君、北大の材料工学系学科以外の君も、実は「先進材料ハイブリッド工学研究室」に入ることができます。金属材料の勉強していない?でも、「口述試験」も選択できます。(他大学の学生であれば、材料系・金属系でも「口述試験」が選択できます。)口述試験の内容の詳細は募集要項をよく読んでみることが必要です。化学系・応用化学系学科、応用物理系学科の諸君も私たちと一緒に研究しませんか。当研究室には化学出身、物理出身の院生がいますよ!

工業高等専門学校の「専攻科」を出た君、材料系でも化学系でもいいですよ。君も「口述試験」で「材料科学専攻」の入試を受けることができます。上の高専からの進学方法の図を見てみよう。

進学したくなりましたか?ぜひ応募しませんか?実際、高専専攻科から受け入れた院生も、立派にがっちり就職を決めました。ちょっと背伸びするし、厳しいかもしれないけど、一緒に勉強してみませんか。

社会人博士課程学生として勉強しませんか?

社会人博士課程学生も募集しています。当研究室で滞在して研究をされるかた、企業での研究とこちらでの指導を合わせて学位が取りたい方、どちらも受け入れております。すでに、当研究室で滞在して博士号をとったひともいます。大丈夫です!

スクーリングで学位をとろうと考えてられる方も、本学では、E-ラーニングシステムが充実しており、講義はインターネットでOKです。スクーリングで学位を取っていただいた方もすでにいらっしゃいます!