背景写真:ナノ粒子により描かれた北海道」の透過電子顕微鏡写真

背景写真:
「ナノ粒子により描かれた北海道」の透過電子顕微鏡写真

台湾大学との共同研究が表紙に
Who we are: 先進材料ハイブリッド工学
International Dinner Party 2014
フットサル
What we do : Metallic copper fine particles

FRONT MESSAGE

日本人も他大学や高専専攻科からの修士学生大歓迎です!
いつでもコンタクトを tetsu@eng.hokudai.ac.jp

意欲のある学生さんみなさんに将来 大きく羽ばたいてもらうことが研究室の目的。

先進材料ハイブリッド工学研究室では、ハイブリッド、いわゆる複合的な材料を創製し、その利用可能性を探る挑戦的な研究を行っている研究室です。私たちのいう複合材料とは、金属や金属酸化物を主に、炭素・半導体・有機分子・高分子などと複合化したハイブリッド材料を指しています。 こうしたハイブリッドな材料づくりのためには、表面・界面を知り、それらを制御して新しい材料をつくる必要があります。その一つがナノ材料、ナノ粒子材料であり、また、表面の酸化であります。私たちは「表面・界面を知り、異なる性質のものとの複合化によって新しい材料をつくる」ことを常に考えています。 こうした研究のためには、一つの知識を深く知っているだけでは解決できないことがたくさんあります。種々の材料に関する幅広い知識と、それぞれの分析技術についての知識を知ること、さらにそれらをよく理解し組み合わせて新しい材料をつくっていくことが求められます。また、私たちは、「ものづくり」に固執していません。材料屋であってはいけないと考えています。今は、パーツ屋、材料屋は使い捨てられる時代。常に応用を見る、使われ方を考える、そして新しい使い方まで一緒に提案できる材料学を志向します。フォアキャストよりもバックキャスト的な考え方を取りたいとも考えます。しかし、大学ですので基礎からやります。 もちろん一つのことだけを熱心にやることも重要ですが、いろんなことに目を向けてそれを複合化できる人も必要です。当研究室のスタッフは、どちらの研究にも甲乙をつけていません。 大学ですから、一つを深く掘り下げる人も育てていますし、すでにそういった教育で産業界、学界で活躍している人を送り出してきました。そのような教育・研究活動には自信を持っています。一方で、いろんなことをつなげられる人も、いま世の中に求められていると信じています。その結果として、「学科内でも就職決定が早い」研究室でもあります。ハイブリッド材料を創れるひとは、ハイブリッドな人です。そういう人も育て上げようとしています。 当研究室で一緒に勉強しませんか。

Research Gateによると当研究室の研究は、本学科で最も引用されている!

Research Gateという研究者のSNSみたいなものがありますが、そこからは、この研究室の研究が本学科で最も引用されているような連絡が来ます。当研究室の研究がさまざまなところでとても興味を持たれているようです。

社会人ドクター、留学生も大歓迎

もちろん、意欲ある学生というのは、日本人・大学生の年代の方には限りません。社会人博士課程、留学生も大歓迎します。いつでも門は開いています。気軽にアクセスしてください。


NEWS

2016 年 11 月 29 日

Drを取ったYongさん、Mai先生、D3 浅野くん、松原元研究員、塚本研究員、当研究室に滞在していたLiao特任准教授(台湾大所属)らとの銅微粒子による導電膜形成の論文がJournal of Materials Chemistry Cにアクセプトされました。

2016 年 11 月 21 日

卒業生 白井くん、Mai先生、David、塚本くん、名大 徳永先生、当研究室特任准教授(台湾大) Liao先生のマイクロ波プラズマによるナノ粒子合成に関する共著がBulletin of the Chemical Society of Japanにアクセプトされました。白井くんは修士までの研究で筆頭3報、共著2報の論文を出版しました。

2016 年 11 月 20 日

米澤が顕微鏡学会シンポジウムで発表させていただきました。

2016 年 11 月 1 日

Matteo (D3)、Mai先生、名大 徳永先生、石田先生、台湾中原大学(当研究室 特任准教授) 劉先生らの銅/CuS蛍光ナノ粒子の論文がLangmuirにアクセプトされました。

2016 年 10 月 24 日

D3 Matteo, Mai先生、石田先生の蛍光銅ナノ粒子のマトリックススパッタリング合成についての論文がRSC Advancesにアクセプトされました。

2016 年 10 月 20 日

Matteo(D3)が台湾で畑中先生らと共同研究してきたナノ粒子を用いたX線発生の論文がACS Photonicsにアクセプトされました。

2016 年 10 月 1 日

新しく8名の学生が研究室に入りました。

2016 年 9 月 25 日

Mai先生がYoung Scientist 講演賞を受賞しました。

2016 年 9 月 16 日

D3 Matteo、Mai先生、石田先生、塚本くん、卒業生の獅野くん、名大 徳永先生とのTi系ナノ粒子のスパッタによる合成についての論文が、New Journal of Chemistryにアクセプトされました。

2016 年 9 月 2 日

石田先生がWhetten先生のところで共同研究し、さらに北大で4年生 成田くんと行った研究がJournal of Physical Chemistry Lettersにアクセプトされました。

2016 年 8 月 25 日

イノベーションジャパンに出展しました。

2016 年 8 月 13 日

D3 Matteo、Mai先生、台湾中央科学院 畑中先生との共著がOptics Expressにアクセプトされました。

2016 年 7 月 27 日

Yingqiong Yongさんの公聴会がおわりました。

2016 年 7 月 20 日

元博士課程 河合さん、元研究員 成島さんらとの共著でのPdナノ粒子の水中での鈴木カップリング応用に関する論文がBulletin of the Chemical Society of Japanにアクセプトされました。

2016 年 7 月 18 日

石田先生、秋田さん(M1)、卒業生 鷲見くん、元PD 松原くんの論文がScientific Reportsに掲載されました。

2016 年 7 月 12 日

Matteo, Mai先生と台湾 中央科学院の畑中先生との共著論文がOptics Expressにアクセプトされました。

2016 年 6 月 17 日

「ナノ材料解析の実際」が発刊されました。

2016 年 6 月 10 日

イノベーション・ジャパン2016-大学見本市に出展します。

2016 年 6 月 9 日

D3 Matteoが台湾で行った共同研究の成果がアクセプトされました。

2016 年 6 月 8 日

米澤が英国王立化学会のフェロー(FRSC)に推戴されました。