2014

Journal papers

  1. Jinqiang Li and Yoshihiro Narita, The effect of aspect ratios and edge conditions on the optimal damping design of thin soft core sandwich plates and beams, Journal of Vibration and Control, Vol.20, No.2, pp.266-279, Feb, 2014.
  2. Jinqiang Li and Yoshihiro Narita, Reduction of wind-induced vibration of a laminated plate with an active constrained layer<, Journal of Vibration and Control, Vol.20, No.6, pp.901-912, April, 2014.

 Proceedings of international conference

  1. Miyong Lee, Kazuhiro Nishida, Yoshihiro Narita, Experimental Verification for Subjective Sense of Object Weight -Proposed User Category based on the individual Kansei by Subjective Weight, KEER2014,11-13 JUNE 2014,SWEDEN(Paper No. 148)
  2. ○Naohiro Kida, Shinya Honda, Yoshihiro Narita, Adaptive vibration control using self-organizing map, The 12th International Conference on Motion and Vibration Control (MoViC2014), Sapporo Convention Center, Sapporo, 3B11, USB.
  3. ○Shinya Honda, Kazuki Watanabe, Yoshihiro Narita, Itsuro Kajiwara, Multi-objective optimization for vibration suppression of smart laminated composites, The 12th International Conference on Motion and Vibration Control (MoViC2014), Sapporo Convention Center, Sapporo, 3B31, USB
  4. ○Narita, Y., Honda, S. and Funamizu, T., Vibration analysis of laminated composite plates having rigid body attachments, Proceedings of the American Society for Composites: Twenty-Ninth Technical Conference, La Jolla, California, September 8–10, 2014. American Society for Composites, CD-ROM—11 pp.426-433.
  5. ○Tsukada, T., Takeda, S., Iwahori, Y., Honda, S., Nrita, Y., Minakuchi, S., Takeda, N., Evaluation of residual strain in press molding of CF/PPS laminates using FBG sensors, Proceedings of the American Society for Composites: Twenty-Ninth Technical Conference, La Jolla, California, September 8–10, 2014. American Society for Composites, CD-ROM—11 pp.722-734.
  6. ○Funamizu, T., Honda, S. and Narita, Y., Maximization of Natural Frequencies for Composite Laminated Plate with Rigid Body, Proceedings of the 9th Asian-Asutralasian Conference on Composite Materials (ACCM9), Suzhou, China, October 15-17, 2014, CD-ROM, ACCM9-C-001.
  7. ○Kumagai, T., Honda, S. and Narita, Y., Vibration Analysis of the Passive Constrained Layer Damping Plate by using Zigzag Theory, Proceedings of the 9th Asian-Asutralasian Conference on Composite Materials (ACCM9), Suzhou, China, October 15-17, 2014, CD-ROM, ACCM9-T-003.
  8. ○Takeno, K., Honda, S. and Narita, Y.,Effect of Bias, Hoop and Straight Layers on Vibration Characteristics of CFRP Circular Shafts, Proceedings of the 9th Asian-Asutralasian Conference on Composite Materials (ACCM9), Suzhou, China, October 15-17, 2014, CD-ROM, ACCM9-H-005.
  9. Kaitou, Y., Honda, S. and ○Narita, Y., Dynamic response of panel models in mobile phone, Proc. The Second Intl. Conf. on Advances in Civil, Structural and Mechanical Engineering (CSM2014),  16-17 November 2014, Birmingham, UK, CD-rom, pp.214-217.
  10. Kaitou, Y., Honda, S., Narita, Y., Simulation and Experiment on Effective Excitation of Mobile Phone Panels, 5th TSME Int. Conf. on Mech. Eng., 17-19 December 2014, Chiang Mai, CD CST170.

国内講演

  1.  〇嶋村 祐介,李 美龍,大島 直樹,成田 吉弘,「立体図形を用いた形状と主観的重量感の関係分析」,日本感性工学会,第16回日本感性工学会大会, 2014.9.4
    -9.6, 中央大学,文京区,USB,C31.
  2. 〇劉 璞,李 美龍,成田 吉弘,「Kansei Evaluation of grip feeling for different handle diameters and shapes -Grouping based on different subjects grip reration」,日本感性工学会,第16回日本感性工学会大会,
    2014.9.4-9.6, 中央大学,文京区,USB,C42.
  3. 〇櫻庭 琢也,李 美龍,成田 吉弘,「医療看護支援ピクトグラムの認識率と構造の関係性」,日本感性工学会,第16回日本感性工学会大会, 2014.9.4-9.6, 中
    央大学,文京区,USB,C62.
  4. 〇渡邊 翔太,李 美龍,成田 吉弘,「ユーザー特性による自動車の外観デザインの捉え方に関する研究」,日本感性工学会,第16回日本感性工学会大会, 2014.
    9.4-9.6, 中央大学,文京区,USB,C73.
  5. ○海藤 義彦 , 成田 吉弘 ,線状に 線状に 線状に 加振される積層パネルの定常応答 加振される積層パネルの定常応答,日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2014, 2014.8.26-29, 上智大学,東京特別区, USB (No. 326, 8.27).
  6. ○ 丹保 建哉, 本田 真也, 成田 吉弘,一般的な外圧荷重と境界条件を考慮した偏 平 FRPパネルの座屈解析,日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2014, 2014.8.26-29, 上智大学,東京特別区, USB (No. 327, 8.27).
  7. ○ 西岡 文弥, 本田 真也, 成田 吉弘,Blended layerを持つ積層偏平シェルの振動と設計,日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2014, 2014.8.26-29, 上智大学,東京特別区, USB (No. 338, 8.27).
  8. ○林 隼也,本田 真也,成田 吉弘,積層構成最適化におけるGAとPSOのtuningと性能比較,日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2014, 2014.8.26-29, 上智大学,東京特別区, USB (No. 339, 8.27).
  9. ○ 田中 聡 一朗, 本田 真也, 成田 吉弘,Taguchi methodによるアンテナシェル構造の積層と支持位置のロバスト設計,日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2014, 2014.8.26-29, 上智大学,東京特別区, USB (No. 340, 8.27).
  10. 高橋 圭佑,○ 本田 真也, 成田 吉弘,双安定性を有する複合材シェルのスナップ スルー変形に関する多目的最適化,日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2014, 2014.8.26-29, 上智大学,東京特別区, USB (No. 341, 8.27).
  11. ○成田 吉弘,アフリカの大学における力学教育~ザンビア大学機械工学科の例から,日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2014, 2014.8.26-29, 上智大学,東京特別区, USB (No. 523, 8.29).
  12. ○熊谷貴仁(北大院),本田真也(北大),成田吉弘(北大),CFRPを用いた拘束型制振板の基本振動数最大化,日本複合材料学会,第39回複合材料シンポジウム,2014.9.18-19, 秋田大学手形キャンパス,秋田市,A1-13,pp. 31-32.
  13. ○成田吉弘(北大), 擬似等方性を持つ偏平シェルの振動最適化, 日本複合材料学会,第39回複合材料シンポジウム,2014.9.18-19, 秋田大学手形キャンパス,秋田市,A1-15, pp. 35-36.
  14. ○武野和馬(北大院),本田真也(北大),中村崇人(藤倉ゴム),若林雅貴(藤倉ゴム),成田吉弘(北大), 部分的最外層を有するCFRPシャフトの振動特性評価, 日本複合材料学会,第39回複合材料シンポジウム,2014.9.18-19, 秋田大学手形キャンパス,秋田市,B1-12, pp. 69-70.
  15. ○船水孝洋(北大院),本田真也(北大),成田吉弘(北大), 剛体棒を持つ複合材積層板の動特性と弾性定数の同定, 日本複合材料学会,第39回複合材料シンポジウム,2014.9.18-19, 秋田大学手形キャンパス,秋田市,C2-17, pp. 241-242.
  16. ○丹保建哉(北大院),本田真也(北大),成田吉弘,外圧を受ける全周支持偏平シェルの級数解について,日本機械学会北海道支部 第53回 講演会, 2014.9.27,室蘭工業大学,室蘭市,USB,p. 11.
  17. ○船水孝洋(北大院),本田真也(北大),成田吉弘, 剛体棒を持つ平板の動特性を用いた材料定数と弾性境界条件の同定, 日本機械学会北海道支部 第53回 講演会, 2014.9.27,室蘭工業大学,室蘭市,USB,p. 95.
  18. ○武野和馬(北大院),本田真也(北大),成田吉弘, 部分的最外層付加によるCFRPシャフトへの影響,  日本機械学会北海道支部 第53回 講演会, 2014.9.27,室蘭工業大学,室蘭市,USB,p. 97.
  19. ○木田直宏(北大院),本田真也(北大),成田吉弘, 自己組織化マップを用いた振動制御における評価関数の影響, 日本機械学会北海道支部 第53回 講演会, 2014.9.27,室蘭工業大学,室蘭市,USB,p. 107.
  20. ○西岡文弥(北大),成田吉弘,本田真也,Ritz法を用いたBlended layerを持つ積層板の振動解析,日本機械学会北海道支部 第53回 講演会, 2014.9.27,室蘭工業大学,室蘭市,USB,p. 109.
  21. ○熊谷貴仁(北大院),本田真也(北大),成田吉弘,Zigzag理論によるPCLDパッチ構造板の振動解析,日本機械学会北海道支部 第53回 講演会, 2014.9.27,室蘭工業大学,室蘭市,USB,p. 110.
  22. ○林隼也(北大院),本田真也(北大),成田吉弘,メタヒューリスティック解法におけるAuto-tuning法の比較,日本機械学会北海道支部 第53回 講演会, 2014.9.27,室蘭工業大学,室蘭市,USB,p. 127.
  23. ○田中聡一朗(北大院),本田真也(北大),成田吉弘,タグチメソッドの積層構成最適化への適用(積層パラメータの利用),日本機械学会北海道支部 第53回 講演会, 2014.9.27,室蘭工業大学,室蘭市,USB,p. 129.
  24. ○櫻庭琢也(北大院),李美龍(北大),成田吉弘,医療看護支援ピクトグラムの認識率の構成要素分析,日本機械学会北海道支部 第53回 講演会, 2014.9.27,室蘭工業大学,室蘭市,USB,p. 141.
  25. ○成田吉弘,FRP積層設計における層別最適化法の理論的根拠について,日本機械学会 第11回最適化シンポジウム2014(OPTIS2014),2014.12.12-13,ITビジネスプラザ武蔵,金沢市,CD-ROM,講演番号1212.
  26. ○本田真也,渡邉一希,成田吉弘,スマート積層複合材の振動制御に関する多目的最適化,日本機械学会 第11回最適化シンポジウム2014(OPTIS2014),2014.12.12-13,ITビジネスプラザ武蔵,金沢市,CD-ROM,講演番号1216.
  27. ○田中聡一朗,本田真也,成田吉弘,Taguchi methodの複合材料構造設計への適用,日本機械学会 第11回最適化シンポジウム2014(OPTIS2014),2014.12.12-13,ITビジネスプラザ武蔵,金沢市,CD-ROM,講演番号2201.
  28. ○林 隼也,本田真也,成田吉弘,積層構成最適化問題の性質を考慮したbenchmark関数の提案,日本機械学会 第11回最適化シンポジウム2014(OPTIS2014),2014.12.12-13,ITビジネスプラザ武蔵,金沢市,CD-ROM,講演番号2202.

受賞

  1. 成田吉弘,2014年度日本機械学会北海道支部賞 貢献賞

Others

  1. 成田吉弘, 「第5回: 高齢化社会における感性工学の役割」,北海道大学公開講座「高齢化社会に向けた機械の技術」, 北海道大学工学部,2014年7月28日.
  2. ◯渡邊翔太,李美龍,成田吉弘, 「自動車外観デザインに関する感性評価と新たな分析手法の提案」感性科学の会2014,No.4,筑波大学,茨城県つくば市,2014年9月2日-3日
  3. ◯嶋村祐介,李美龍,成田吉弘, 「立体図形を用いた形状特性と主観的重量感覚に関する研究」感性科学の会2014,No.14,筑波大学,茨城県つくば市,2014年9月2日-3日
  4. ◯劉 璞,李美龍,成田吉弘, 「Kansei Evaluation of grip feeling for different handle diameters and shapes」感性科学の会2014,No.18,筑波大学,茨城県つくば市,2014年9月2日-3日
  5. ◯櫻庭 琢也,李美龍,成田吉弘, 「ピクトグラムの認識率と構成要素に関する研究」感性科学の会2014,No.22,筑波大学,茨城県つくば市,2014年9月2日-3日
  6. Miyong Lee,Yusuke Shimamura, Naoki Oshima, Yoshihiro Narita,Kansei evaluation of subjective sense of object weight produced by shape property using three-dimensional images, 2014KSBDA International Spring Conference, 31 May 2014, KOREA, pp.209-210 (2014)
  7. Y. Narita, S. Honda and K. Owatari, Analysis and Lay-up Optimization for Vibration of Laminated Plates with Complex Shape and Edge Conditions, International Conference on Mechanics and Materials Engineering (ICMME2014), April 12-13, 2014, Xi’an, China.
  8. ◯渡邊翔太,李美龍,成田吉弘, 「ユーザー特性による自動車外観デザインの魅力にする研究」 日本感性工学会北海道支部学生会,No.5, 北海道大学,北海道札幌市,2014年7月26日
  9. 〇櫻庭琢也,李美龍,成田吉弘,「ピクトグラムの認識率に関する構造とデザイ ン支援の方法」 日本感性工学会北海道支部学生会,No.15,北海道大学,北海道 札幌市,2014年7月26日
  10. 〇劉璞,李美龍,成田吉弘,「Kansei Evaluation of grip feeling for different handle diameters and shapes」 日本感性工学会北海道支部学生会, No.4,北海道大学,北海道札幌市,2014年7月26日
  11. 〇嶋村祐介,李美龍,大島直樹,成田吉弘,「立体図形を用いた形状と重量感の 関係評価」 日本感性工学会北海道支部学生会,No.1,北海道大学,北海道札幌 市,2014年7月26日
  12. 〇白川祐嗣,李美龍,成田吉弘,「触覚情報がヒトの知覚に与える影響」 日本 感性工学会北海道支部学生会,No.9,北海道大学,北海道札幌市,2014年7月26 日
  13. ○栗城大輝,李美龍,成田吉弘,「感性情報から色彩情報への変換」 日本感性工 学会北海道支部学生会,No.13,北海道大学,北海道札幌市,2014年7月26日
  14. Y. Narita, V. Thamrongdullapark, Combined optimization of lay-up design and mass/support location for vibration of composite rectangular plates, 17th U.S. National Congress on Theoretical and Applied Mechanics Michigan State University, June 15-20, 2014, Abstract: D-05-1155.
  15.  Y. Narita, Global solution method for determining optimum lay-ups of vibrating laminated composite plates, The 22nd International Conference on Composites/Nano Engineering (ICCE-22), Malta, July 13-19, 2014.
  16. ○本田 真也,在外研究報告 「スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ)に滞在して」,第 25 回(平成 26 年度)振動基礎研究会,金沢大学角間キャンパス,金沢市,2014.9.22-23.
  17. ○本田 真也,「スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ)における在外研究報告」,日本機械学会北海道支部 材料・材料強度・加工懇話会講演会,北見工業大学,北見市,2014.11.7
  18. ○本田 真也,「タッチパネルの振動応答強化について」,日本機械学会シェルの振動と座屈研究会2014セミナー,中部大学,春日井市,2014.11.14.
  19. ○S. Honda, Multi-objective Optimization of Curvilinear Fiber Shapes for Laminated Composite Plates by Using NSGA-II, 5th Symposium on Academic Exchange and Collaborative Research between ETH Zurich and Hokkaido University, Zurich, Switzerland, 27-28 November, 2014.
  20. Y. Narita, Retrospection on Ten SNU-HU Joint Symposiums, 2014 HU-SNU Joint Symposium on Mechanical and Aerospace Engineering (10th Anniversary of our Friendship), Hokkaido University, Sapporo, 27-28 November, 2014.

コメントは停止中です。