katsura.jpg(14650 byte)
准教授 葛 隆生





情報

TEL:011-706-6284
居室:A216
Mail:katsura[at]eng.hokudai.ac.jp



略歴

【学歴】2002年3月 千葉大学工学部都市環境システム学科卒業
2004年3月 北海道大学大学院工学研究科都市環境工学専攻修士修了
2006年9月 北海道大学大学院工学研究科都市環境工学専攻博士後期課程修了
【学位】2006年9月博士(工学)(北海道大学)
【学位論文題目】地中熱利用システム設計・性能予測ツールの開発とその応用に関する研究



研究分野

エネルギー環境工学
建築設備工学
空気調整工学



所属学会

空気調和・衛生工学会
日本建築学会
日本太陽エネルギー学会
日本冷凍空調学会
日本地熱学会



メニューに戻る



  ◇2005-2009年度  ◇2010-2015年度


2010-2015年度

2015年度
  1. 葛 隆生,長野克則,中村 靖,複層地盤を考慮した地中熱交換器のシミュレーションツールの開発とその応用,日本冷凍空調学会論文集,vol. 32,no. 3,pp. 335-344,2015(査読有)

  2. 葛 隆生,長野克則,中村 靖,冷却塔を併用したハイブリッド地中熱ヒートポンプシステムの設計・性能予測ツールの開発とその応用,日本冷凍空調学会論文集,vol. 32,no. 3,pp. 325-334,2015(査読有)

  3. 葛 隆生,山口 峻,中村 靖,冷媒エンタルピー法を応用した個別分散型ヒートポンプ空調システムの熱量計測技術の確立および実建物に導入した水冷ヒートポンプビル用マルチを用いた検証,日本建築学会環境系論文集,vol. 717,no. 80,pp. 1063-1071,2015

  4. 中村 靖,葛 隆生,長野克則,フィールド試験による変流量制御を導入したシステム性能の実証, 少水量対応地中熱ヒートポンプビルマルチシステムの開発に関する研究,日本建築学会環境系論文集,vol. 711,no. 80,pp. 433-440,2015(査読有)

  5. 中村 靖,葛 隆生,長野克則,技術センターにおける少水量対応地中熱ヒートポンプの導入と性能検証,日本建築学会技術報告集,vol. 21,no. 49,pp. 1139-1142,2015(査読有)


2014年度
  1. 葛 隆生,平田 統大,地表面の影響を考慮した地中熱ヒートポンプシステム性能予測ツールの開発,空気調和・衛生工学会論文集,vol. 207,pp. 19-27,2014(査読有)

  2. 山口 峻, 葛 隆生, 中村 靖,冷媒エンタルピー法を応用したヒートポンプ熱量計測技術の確立および水冷ヒートポンプを用いた検証試験,日本建築学会環境系論文集,vol. 702,no. 79,pp. 689-697,2014(査読有)


2013年度
  1. 若山尚之,長野克則,葛 隆生,給湯予熱を組み合わせた基礎杭利用型地中熱ヒートポンプシステムの運用改善,日本建築学会技術報告集,vol. 79,no. 702,pp. 689-679,2013(査読有)

  2. 中村 靖,長野克則,葛 隆生,少水量対応地中熱ヒートポンプビルマルチシステムの開発に関する研究, 第1報 システムの概要およびフィールド試験によるシステムの最適循環流量の検討,日本建築学会環境系論文集,vol. 684,no. 78,pp. 165-174,2013(査読有)


2012年度
  1. 若山尚之,葛 隆生,龍 有二, 長野克則,大樹の機能を模倣したエコスクールの計画 バイオミミクリー概念の建築計画への適用,日本建築学会技術報告集,vol. 40,no. 18,pp. 999-1002,2012(査読有)

  2. 若山尚之,葛 隆生,長野克則,佐藤信孝,現場打ち基礎杭を利用した地中熱ヒートポンプシステムに関する研究, 浅層採熱管の導入可能性について,空気調和・衛生工学会論文集,vol. 189,pp. 21-28,2012(査読有)


2011年度
  1. 葛 隆生,長野克則,中村 靖,地中熱ヒートポンプシステムにおける地中熱交換器仕様の設計方法に関する研究, その1 地中熱交換器の採放熱量の定量化とその応用,日本建築学会環境系論文集,vol. 659,no. 76,pp. 59-66,2011(査読有)

  2. 若山尚之,松本隆志,仲井章一,中村一樹,石井 勝,長野克則,葛 隆生,柳原隆司,金田一清香,船橋市立リハビリテーション病院における"基礎杭利用型地中熱ヒートポンプシステムを組み込んだ全電化熱源システム",空気調和・衛生工学,vol. 85,no. 7,pp. 522-523,2011


2010年度
  1. 若山尚之,長野克則,葛 隆生,金田一清香,佐藤信孝,昼夜間蓄熱を活用した基礎杭利用型地中熱ヒートポンプシステムの研究,空気調和・衛生工学会論文集,vol. 163,pp. 1-9,2010(査読有)


「論文」メニューに戻る

2005-2009年度

2009年度
  1. Katsura T, Nagano K, Narita S, Takeda S, Nakamura Y, Okamoto A, Calculation algorithm of the temperatures for pipe arrangement of multiple ground heat exchangers, Applied Thermal Engineering, vol. 29, pp. 338-351, 2009(査読有)


2008年度
  1. Katsura T, Nagano K, Takeda S, Method of calculation of the ground temperature for multiple ground heat exchangers, Applied Thermal Engineering, vol. 28, no. 14-15, pp. 1995-2004, 2008(査読有)

  2. 葛 隆生, 長野克則, 金田一清香, 中村 靖, 土壌熱源ヒートポンプシステム設計・性能予測ツールに関する研究, 第3報 地中熱交換器の配管仕様に応じた温度計算手法とその応用,空気調和・衛生工学会論文集, vol. 134, pp. 1-10, 2008(査読有)


2007年度
  1. 葛 隆生, 長野克則, 金田一清香, 中村 靖,地下水流れを有する砂層内採放熱実証実験, 空気調和・衛生工学会論文集, vol. 127, pp. 1-9, 2007(査読有)


2006年度
  1. Nagano K, Katsura T, Takeda S, Development of a design and performance prediction tool for the ground source heat pump system, Applied Thermal Engineering, vol. 26, pp. 1578-1592, 2006(査読有)

  2. 長野克則, 葛 隆生, 武田清香, 中村 靖, 鋼管基礎杭を地中熱交換器として用いた採熱実証試験とその応用, 空気調和・衛生工学会論文集, vol. 108, pp. 11-19, 2006(査読有)

  3. 葛 隆生, 長野克則, 武田清香, 土壌熱源ヒートポンプシステム設計・性能予測ツールに関する研究, 第2報 複数埋設管への設計・性能予測ツールの拡張, 空気調和・衛生工学会論文集, vol. 111, pp. 43-51, 2006(査読有)

  4. 葛 隆生, 長野克則, 武田清香, 中村 靖, サーマルプローブ法による地下水流速と温度応答の関係に関する考察, 空気調和・衛生工学会論文集, vol. 112, pp. 51-59, 2006(査読有)

  5. 葛 隆生,長野克則,金田一清香,中村 靖,地下水流れを有する地中温度の計算方法とその応用,空気調和・衛生工学会論文集, vol. 115, pp. 9-17, 2006(査読有)


2005年度
  1. 長野克則, 葛 隆生, 土壌熱源ヒートポンプシステム設計・性能予測ツールに関する研究, 第1報 単独垂直型地中熱交換器の設計・性能予測ツールの開発, 空気調和・衛生工学会論文集, vol. 101, pp. 11-20, 2005(査読有)


メニューに戻る



招待講演

  1. 既存建築物の省エネルギー化に寄与する透明・薄型真空断熱材の開発,国立大学法人北海道大学,第22回 北海道大学工学部衛生工学シンポジウム,2015.11.12

  2. Development of slim and transucent vacuum inslation panels to contribute retrofitting insulation for existing buildings,国立大学法人北海道大学,国立大学法人ソウル大学,Seoul National University-Hokkaido University Joint Symposium,2015.11.12

  3. Analysis and performance improvement of ground heat pump system by using monitoring data and simulation tool,国立大学法人北海道大学,再生可能エネルギー熱利用ヒートポンプシステムに関する日中韓国際セミナー,2015.1.29

  4. CxFとして,公益社団法人 空気調和・衛生工学会北海道支部,NPO法人建築設備コミッショニング協会,建築設備コミッショニング協会との共同シンポジウム:CxF(コミッショニング業務受託事業者)登録制度の創設とCxビジネスの展開 ,2015.3.4

  5. Heat Recovery Ground Source Heat Pump System in Smart Community,ダブリン工科大学,ENERGY RESEACH at DIT,2014.2.24

  6. 建物・地域の省エネとスマートコミュニティ関連技術の最前線,北海道環境生活部,,2014.7.10

  7. 建築物総合エネルギーシミュレーションツールBESTの活用,公益社団法人空気調和・衛生工学会,,2013.2.14

  8. 地中熱利用と熱融通システムを活用したヒートポンプの高効率化に関する研究,KICS 北九州環境ビジネス推進会,産学双方向セミナー,2013.7.25

  9. 北九州スマートコミュニティにおける地中熱利用システムのコミッショニング事例,公立大学法人北九州市立大学,建築・都市低炭素化技術開発センター,第13回北九州市産学連携フェア 建築・都市低炭素化技術開発センター プロジェクト成果報告,2013.10.25

  10. 「温暖地域における地中熱・ヒートポンプ応用技術の普及に向けて?地中熱ヒートポンプシステムの普及の課題を中心として?」,公益社団法人北九州産業学術推進機構,第12回北九州市産学連携フェア 再生可能エネルギーの普及に向けて?太陽熱・地中熱・小水力の利用と今後?,2012.10.19

  11. 輻射式空調システムを採用した手術室の温熱環境制御手法に関する実験的検討,一般社団法人日本医療福祉設備学会,ホスピタルエンジニアリングを取りまく新たな潮流?「これからの防火対策」と「超高齢社会への対応」?,2012.11.15


メニューに戻る



受賞

  1. Hongzhi LIU, Kento KUBO, Takao KATSURA, Katsunori NAGANO, Koukan KUBOTA, Atsushi OKAMOTO,Best paper Award,Discussion on methods of achieving a high-efficiency ground source heat pump (GSHP) for space heating,The 13th International Conference on Energy Storage,Beijin,China,2015

  2. 新日鉄住金エンジニアリング,龍 有二,白石靖幸,葛 隆生,振興賞技術振興賞,先進的な自然換気システムおよび地中熱ヒートポンプシステムを導入した技術センターにおける環境配慮設備の構築と検証,公益社団法人空気調和・衛生工学会 ,,2014

  3. 株式会社日本設計,葛 隆生,龍 有二,曽野正純,振興賞技術振興賞,エコスクールの実現を目指した福岡大学付属大濠高等学校中学校校舎の計画・分析,公益社団法人空気調和・衛生工学会 ,,2012

  4. 株式会社日本設計,ダイダン株式会社,長野克則,葛 隆生,柳原隆司,金田一清香,振興賞技術振興賞,船橋市立リハビリテーション病院における基礎杭利用型地中熱ヒートポンプシステムを組み込んだ全電化熱源システム,公益社団法人空気調和・衛生工学会 ,-,2011

  5. 葛 隆生,長野克則,金田一清香,中村 靖,論文賞,土壌熱源ヒートポンプシステム設計・性能予測ツールに関する研究,公益社団法人空気調和・衛生工学会 ,-,2010

  6. Takeda-Kindaichi S, Nagano K, Katsura T, Hori S, Shibata S,Best Poster Award,System performance of HVAC in a low energy house in the cold region of Japan,The 9th IEA Heat Pump Conference 2008,Zurich, Switzerland,2008

  7. Nagano K, Katsura T, Shimakura K, Mochida T,Poster Award,Performance of PCM filter and evaluation of potentials for some applications,The 9th International Conference on Thermal Energy Storage,Warsaw, Poland,2003


メニューに戻る

このページのトップへ