メンバー/member

教員・スタッフ

招聘教授 名和 豊春

研究内容:セメント化学、コンクリート工学、リサイクル
部屋:A6-13
電話番号:011-706-7274
E-mail:nawa at eng.hokudai.ac.jp

准教授 胡桃澤 清文

研究内容:セメント硬化体の微細構造とその物性、多孔体の透過性
講義:数値計算法、熱力学、応用数学Ⅰ、資源循環システム実験Ⅰ、Ⅲ、資源情報処理特論、Sustainble engineering materials
部屋:A6-14
電話番号:011-706-6319
E-mail:kurumi at eng.hokudai.ac.jp

博士後期課程

博士3年

森永 祐加

研究内容:C-S-H、NMR、乾燥収縮
ひとこと:東京オリンピックの時には30歳かぁ…

修士課程

修士2年

梶尾 知広

研究内容:硫酸塩鉱物U-Phaseを考慮したセメント水和モデルの構築
ひとこと:札幌最後の年、楽しみます。

葛間 夢輝

研究内容:粒子表面に吸着した櫛形高分子の形態観察及びその理論的考察
キーワード:Rheology, Dispersion, Comb-like polymer, Adsorption, Atomic force microscopy, Steric hindrance effect
ひとこと:スカッシュ経験有。メイド喫茶経験有。

吉田 慧史

研究内容:Ca/Si、C-S-H、多種イオンの吸着、表面錯体モデル、セメント硬化体、Cl-拡散モデル
ひとこと:どこか、遠いところに行きたい

佐々木 健太

研究内容:フライアッシュ、高炉スラグ、ジオポリマー、微細構造
ひとこと:どんなムードにも、最高のミックスを

修士1年

阿部 夢時

研究内容:エーライト、Hydrated silicate monomer、初期水和
ひとこと:

小島 真実

研究内容:寒冷地、高炉セメント硬化体、初期強度改善
ひとこと:チャリ旅最高!

斎木 武蔵

研究内容:Ca溶脱、モルタル、物質移動特性
ひとこと:

竹谷 未来

研究内容:石油、EOR、Low Solinity Waterflooding、表面錯体モデル
ひとこと:

野口 菜摘

研究内容:反応性ガラス(Pylex Glass)、遅延性反応骨材(Yoチャート)、ASR、相平衡モデル
ひとこと:失言を減らしたい

李 闯

研究内容:高炉スラグセメント、高塩分濃度、微細構造
ひとこと:日本語が難しい

学士課程

学部4年

久保田 凜太郎

研究内容:CSHおよびCASHにおける表面錯体反応のモデリング
ひとこと:ステラ・アルトワというビールがおススメです。

松本 和輝

研究内容:??
ひとこと:

山田 優也

研究内容:高炉スラグ微粉末を用いたセメント硬化体の初期強度改善
ひとこと:早く研究室に慣れてご迷惑をおかけしないようにしたいです

アミルウバイダ ビン モハマド ズキ

研究内容:COBR interface, petroleum
ひとこと:every path has its puddle