2013年度

博士論文
後藤卓:フラクタル理論に基づく濃厚系凝集サスペンジョンのレオロジーモデルの構築とその応用
Development and application of a rheological model for concentrated flocculated suspensions based on fractal concept
黒岩秀介:収縮低減剤および人工軽量骨材によるコンクリートの低収縮化に関する研究
Study on Mitigation of Shrinkage of Concrete using Shrinkage-reducing Agent or Artificial Lightweight Aggregate)
修士論文
・栗山広毅
凍結融解における収縮低減剤混和セメントペーストの内部応力及び膨張収縮挙動
Prediction of internal stress and dilation for cement paste with shrinkage reducing agent during freezing and thawing
・石垣邦彦
サーモポロメトリーによるセメント硬化体の物質拡散性予測
Prediction of diffusivity of cement-based materials by thermoporometry
・合田義
表面錯体モデルに基づくC-S-H及びC-A-S-Hへの多種イオンの吸着予測
Prediction of adsorption of several ions (Na+,Ca2+,Cl-,SO42-) on C-S-H and C-A-S-H by the surface complexation model
卒業論文
・阿部悠
高炉スラグセメント硬化体の塩化物イオン吸着量に及ぼすCa溶脱の影響
The effect of the Calcium leaching on chloride ion adsorption ability of the hardened slag cement paste
・安藤
セメントの初期水和が櫛形高分子の流動性改善効果に及ぼす影響
Effect of early cement hydration on fluidity improvement for cement paste with comb-like copolymer
・植田晃平
分子間力を考慮したモンモリロナイトの膨潤モデルの構築
Modeling of swelling of montmorillonite in consideration of intermolecular force
・森永祐加
相対湿度がエーライトの水和反応に及ぼす影響
Effects of relative humidity on the hydration of alite in cement

Papers

1)Kiyofumi Kurumisawa, Toyoharu Nawa, Hitoshi Owada, Masahito Shibata, Deteriorated hardened cement paste structure analyzed by XPS and 29Si NMR techniques, Cement and Concrete Research, Volume 52, October 2013, Pages 190-195, ISSN 0008-8846, http://dx.doi.org/10.1016/j.cemconres.2013.07.003..
2) 粟村友貴、名和豊春:CaCl2の添加がエーライトの水和反応に及ぼす影響、セメントコンクリート論文集、vol.67、pp.71-78
3) 畠山葵、黒澤利仁、粟村友貴:アルミネート相の水和反応解析ー熱力学的平衡論による検証ー、セメントコンクリート論文集、vol.67、pp.79-86
4)胡桃澤清文、村上祐翔、石垣邦彦、名和豊春:セメント硬化体の塩化物イオン吸着に及ぼすカルシウム溶脱の影響、、セメントコンクリート論文集、vol.67、pp.137-143
5)栗山広毅、後藤卓、名和豊春:収縮低減剤を混和したセメント硬化体の低温吸水硬化による凍害劣化機構、、セメントコンクリート論文集、vol.67、pp.237-243
6)新枦雄介、栗山広毅、後藤卓、名和豊春:分子間力を考慮した乾燥収縮モデルの構築、セメントコンクリート論文集、vol.67、pp.356-362
7)上仲壮、合田義、名和豊春:セメント硬化体中の塩化物イオンの拡散におけるアルカリイオン濃度の影響、セメントコンクリート論文集、vol.67、pp.399-406
8)黒岩秀介, 正長眞理, 名和豊春. “保水性を有する新収縮低減剤を混和したコンクリートに関する実験的研究.” 日本建築学会構造系論文集 78.686 (2013): 639-646
9)Kari, O. P., et al. “A model for a long-term diffusion of multispecies in concrete based on ion–cement-hydrate interaction.” Journal of Materials Science 48.12 (2013): 4243-4259..

Presentation

1)後藤卓、名和豊春:凝集系レオロジーモデルによる1次粒子径の影響評価、第67回セメント技術大会講演要旨、pp.、2013.5
2)石垣邦彦、胡桃澤清文、名和豊春:交流インピーダンス法を用いた凍結融解下におけるセメントペ ースト硬化体の空隙構造解析、第67回セメント技術大会要旨、CDROM、2013.5.14
3)村上祐翔、石垣邦彦、胡桃澤清文、名和豊春:セメント硬化体の塩化物イオン吸着能に及ぼすCa溶 脱の影響、第67回セメント技術大会要旨、CDROM、2013.5.15
4)胡桃澤清文、名和豊春:X線光電子分光法によるセメント硬化体の分析、第67回セメント技術大会 要旨、CDROM、2013.5.13
5)栗山広毅、後藤卓、名和豊春:収縮低減剤を使用したセメントペーストの凍結融解時の細孔構造変化、第67回セメント技術大会 要旨、CDROM、2013.5.13
6)粟村友貴、黒澤利仁、名和豊春:CaCl2の添加がCa3SiO5の水和反応に及ぼす影響、第67回セメント技術大会 要旨、CDROM、2013.5.13
7)畠山葵、粟村友貴、黒澤利仁、名和豊春:アルミネート相の水和反応解析 – 熱力学的平衡論による検証、第67回セメント技術大会 要旨、CDROM、2013.5.13
8)黒澤利仁、畠山葵、粟村友貴、名和豊春:湿度養生下における白色セメントペースト内の水和反応、第67回セメント技術大会 要旨、CDROM、2013.5.13
9)合田義、上仲壮、名和豊春:C-S-H及びC-A-S-Hへの各種イオンの表面吸着反応、第67回セメント技術大会 要旨、CDROM、2013.5.13
10)上仲壮、合田義、名和豊春:セメント硬化体中の塩化物イオンの拡散におけるアルカリイオン濃度の影響、第67回セメント技術大会 要旨、CDROM、2013.5.13
11)新枦雄介、栗山広毅、後藤卓、名和豊春:分子間力に基づく乾燥収縮モデルの構築、第67回セメント技術大会 要旨、CDROM、2013.5.13
12)森田大志、後藤卓、名和豊春:分散剤の化学構造が炭酸カルシウムへの吸着挙動と懸濁液の流動性に及ぼす影響、第67回セメント技術大会 要旨、CDROM、2013.5.13
13)Kurumisawa, Kiyofumi, and Toyoharu Nawa. “Effect of microstructure and moisture content on the electric conductivity of hardened cement paste.” Proceeding of SCMT3 (2013).

Award
1)森田,後藤,名和豊春,第41回セメント協会論文賞、2013