2016年度

卒業論文

毛利 真明:ポリカルボン酸系分散剤のCa-Al-LDHへの吸着・共沈機構 Mechanism on adsorption and coprecipitation of polycarboxylic acids dispersant to Ca-Al-LDH
葛間 夢輝:炭酸カルシウム及びαアルミナにおける櫛形高分子の吸着挙動,Adsorption behavior of comb-like polymers on α-Al2O3 and CaCO3particles
梶尾 知広: C3Aの水和反応に及ぼすCa(OH)2の影響 ,The impact of Ca(OH)2 on the hydration kinetics of C3A
吉田 慧史:Ca/Si比の異なるC-S-Hにおける多種イオンの吸着挙動,Study on electrostatic adsorption of multi-ion on Calcium-Silicate-Hydrate(C-S-H) with different Ca/Si ratio
佐々木 健太:フライアッシュ・高炉スラグ微粉末を用いた硬化体の物性に及ぼす微細構造の影響,Effect of microstructure on physical properties of slag/fly ash-based geopolymer paste

修士論文

宮本 正紀 :Ca溶脱に伴う吸着性能変化を考慮した混合セメント硬化体の物質移動予測モデルの構築,Modeling of ion transport in blended cement paste considering impact of calcium leaching on adsorption.
小山 達也:エーライトの初期水和反応に及ぼすCaCl2及びショ糖の影響,The impact of inorganic salt and sucrose in the alite initial hydration2
田中 健貴:AFMによるサファイア、マイカ、カルサイトに吸着したグラフトポリマーの形態観察,Observation of comformation of adsorbed grafted copolymer on Sapphire, Mica and Calcite with AFM
堀江 諒:水粉体比及び高炉スラグの添加が凍害劣化機構に及ぼす影響,Effect of water-binder-ratio and blast furnance slag on frost damage mechanis
畑中 晶 :スラグ混合セメント硬化体における細孔の屈曲度及びフラクタル次元を用いた塩化物イオンの拡散性評価,The Prediction of Chloride Ion Diffusion with the Tortuosity and Fractal Dimension of Pore Structure in Slag-Blended cementitious materials

papers

1)名和 豊春, 粟村 友貴, 朴 埈範, 森永 祐加:エーライトの水和機構におけるHydrated silicate monomerの役割に関する一考察、セメント・コンクリート論文集 Vol. 69 (2015) No. 1 p. 2-9、http://doi.org/10.14250/cement.69.2
2)植田 晃平, 森永 祐加, 名和 豊春, 畠山 葵:表面錯体モデルを考慮したアルミネート相の水和反応解析、セメント・コンクリート論文集 Vol. 69 (2015) No. 1 p. 29-36、http://doi.org/10.14250/cement.69.29
3)名和 豊春, 小林 創, 齋藤 聖也, 安藤 雅将:C-S-HにおけるCa/Si比とAl置換が表面電位に及ぼす影響、セメント・コンクリート論文集 Vol. 69 (2015) No. 1 p. 45-52、http://doi.org/10.14250/cement.69.45
4)石川 玲奈, 名和 豊春, 佐川 孝広:加熱試料を用いたX線回折─リートベルト法による高炉セメント中のスラグ反応率測定法の検討、セメント・コンクリート論文集 Vol. 69 (2015) No. 1 p. 76-81、http://doi.org/10.14250/cement.69.76
5)安藤 雅将, 名和 豊春, 中谷 香織, 坂本 登:Ca添加系におけるα-Al2O3粒子表面の吸着サイトが櫛形高分子の吸着形態に及ぼす影響、セメント・コンクリート論文集
Vol. 69 (2015) No. 1 p. 88-95、http://doi.org/10.14250/cement.69.88
6)安藤 雅将, 小林 創, 上仲 壮, 名和 豊春:セメント硬化体中の塩化物イオンの拡散における屈曲度の評価、セメント・コンクリート論文集 Vol. 69 (2015) No. 1 p. 96-103、http://doi.org/10.14250/cement.69.96
7)宮本 正紀, 胡桃澤 清文, 名和 豊春:サーモポロメトリーを用いた空隙構造測定に基づくセメント硬化体の物性評価、セメント・コンクリート論文集 Vol. 69 (2015) No. 1 p. 183-190、http://doi.org/10.14250/cement.69.183
8)胡桃澤 清文, 名和 豊春:無機電解質溶液がセメント硬化体の電気伝導性に及ぼす影響、セメント・コンクリート論文集 Vol. 69 (2015) No. 1 p. 207-213、http://doi.org/10.14250/cement.69.207
9)堀江 諒, 新枦 雄介, 名和 豊春:セメント硬化体の凍結融解作用による変形挙動予測、セメント・コンクリート論文集 Vol. 69 (2015) No. 1 p. 425-432、http://doi.org/10.14250/cement.69.425
10)田中 健貴, 安藤 雅将, 名和 豊春:グラフトポリマー分散剤の化学構造と硫酸塩の添加が高炉スラグを含む懸濁液の流動性に及ぼす影響、セメント・コンクリート論文集 Vol. 69 (2015) No. 1 p. 565-572、http://doi.org/10.14250/cement.69.565

11) Ali Jamshidi, Meor Othman Hamzah, Kiyofumi Kurumisawa, Toyoharu Nawa, Bijan Samali, Evaluation of sustainable technologies that upgrade the binder performance grade in asphalt pavement construction, Materials & Design, Volume 95, 5 April 2016, Pages 9-20, ISSN 0264-1275, http://dx.doi.org/10.1016/j.matdes.2016.01.065.

12)Kiyofumi Kurumisawa, Toyoharu Nawa: Electrical Conductivity and Chloride Ingress in Hardened Cement Paste, Journal of Advanced Concrete Technology, Vol. 14 (2016) No. 3 p. 87-94 http://doi.org/10.3151/jact.14.87

13)Rodrigo V. Dejeto and Kiyofumi Kurumisawa: Influence of Porosity, Degree of Hydration and Effect of Temperature on Compressive Strength of OPC Paste”, Philippine Engineering Journal Vol.36 No. 1: June 2015

14)Jamshidi, A., Kurumisawa, K., Nawa, T., & Igarashi, T. (2016). Performance of pavements incorporating waste glass: The current state of the art. Renewable and Sustainable Energy Reviews, 64, 211-236.

Conference
1) 小山達也、森永祐加、朴埈範、名和豊春:ショ糖の添加がC3Sの水和反応機構へ及ぼす影響、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
2) 宮本正紀、杉山卓也、胡桃澤清文、名和豊春:カルシウム溶脱がフライアッシュセメント硬化体の塩化物イオン吸着性能に及ぼす影響、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
3) 鈴木麟太郎、宮本正紀、胡桃澤清文、名和豊春:フライアッシュセメント硬化体の塩化物イオンの拡散係数予測、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
4) 山本崇人、毛利真明、森永祐加、名和豊春:Ca-Al層状複水酸化物へのポリカルボン酸系分散剤の吸着・収着メカニズムの解明、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
5) 石川玲奈、名和豊春、植田晃平:27Al MAS-NMR及びXRD・Rietveld法によるC3A-Ca(OH)2-Gypsum系の水和反応解析、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
6) 梶尾知広、名和豊春、植田晃平:27Al MAS-NMR及びXRD・Rietveld法によるC3A-Ca(OH)2-Gypsum系の非晶質成分の同定、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
7) 葛間夢輝、安藤雅将、田中健貴、名和豊春:Al2O3粒子表面の活性サイトが櫛形高分子の吸着挙動に及ぼす影響、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
8) 胡桃澤清文、名和豊春:セメント硬化体の電気伝導性に及ぼすフライアッシュの影響、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
9) 杉山卓也、宮本正紀、胡桃澤清文、名和豊春:サーモポロメトリ―法を用いた空隙構造測定に基づくフライアッシュセメント硬化体の物性評価、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
10) 森永祐加、堀江諒、名和豊春、宮本正紀:1HNMRと低温DSCを用いたセメント硬化体の細孔構造に関する研究、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
11) 堀江諒、森永祐加、名和豊春:セメント硬化体の凍結融解時における内部応力発生に関する一考察、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
12) 小林創、森永祐加、小山達也、名和豊春:Al添加率がC-A-S-Hの構造及び表面電荷に及ぼす影響、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
13) 吉田慧史、小林創、森永祐加、名和豊春:Ca/SiがC-S-Hの構造及び表面電荷に及ぼす影響、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12
14) 田中健貴、安藤雅将、名和豊春:原子間力顕微鏡を用いたアルミナ表面におけるグラフとポリマーの吸着層の観察、第70回セメント技術大会、2016.5.10-12