2008年度研究室対抗ソフトボール大会


締まっていくぞ~!


1番ライト 堀口君
バッティングセンターでも一番練習したチームの立役者!


2番ショート 藤井君
走攻守においてチームの勝利に貢献しました!


3番ピッチャー 植村君
3年間投げ抜いた,進化し続ける速球派投手!


4番セカンド Nick
助っ人外国人。体を張った攻守で米国野球のプライドを見せてくれました!


5番サード 小川君
強肩の三塁手。学科に誇る「界面鉄壁守備陣」のキーパーソン!


6番レフト 小宮山君
堅実な守備と打撃はチームに安心感をもたらしました!


7番ファースト 福永君
ここぞという場面で予想外の起死回生のヒットを打った超人。守備でショートの藤井君から絶大な信頼を得る。


8番センター 三浦君
打撃ではラッキーなあたりを打ち,守備では捕手,外野手,内野手をこなす技巧派。


9番キャッチャー 寺岡君
言わずと知れたムードメーカー。体操魂は見せられたか!?
また初戦のエネセン戦は立野君が正捕手として貢献、カメラマンとしても活躍しました。


三年間,レギュラーとして「強豪・界面」の名を知らしめたM2の三人。
(左から藤井君,植村君,三浦君)


青春2008
4位のわれらが界面電子化学研究室と、兄弟研の先端材料化学研の面々(共に練習しました)。最高の夏をありがとう。


悲願の初勝利に乾杯!


勝利の美酒に酔いしれる選手たち。

ホームページに戻る»