講演・口頭発表

2019年

Siti Hidayatul Aqmar Binti Zakaria, Mohd Hamdi Bin Abd Shukor, Masahiro Todoh, “TiO2/CaP as a bioactive coating produced by using plasma
electrolytic oxidation technique”, International Conference on Surfaces, Coatings and Interfaces 2019, March 27-29, 2019, Incheon, Korea. (accepted)

Masahiro Todoh, “Multi-scale mechano-structural relationships of mineralized bone matrix”, Hokkaido University – Chungnam National University Joint Symposium, March 11, 2019, Daejeon, Korea.

遠藤隆平, Lei Zhao, 山田悟史, 東藤正浩, “X線回折による再石灰化骨の力学挙動計測”, 日本機械学会北海道学生会第48回学生員卒業研究発表講演会, 2019年3月2日, 北見工業大学 (北海道北見市).

川崎佑太, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂, “ウシ大腿骨皮質骨におけるHAp結晶ひずみ特性の異方性”, 日本機械学会北海道学生会第48回学生員卒業研究発表講演会, 2019年3月2日, 北見工業大学 (北海道北見市).

鈴木雄貴, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂, “海綿骨構造の骨梁分岐特性解析”, 日本機械学会北海道学生会第48回学生員卒業研究発表講演会, 2019年3月2日, 北見工業大学 (北海道北見市).

長澤一, Siti Hidayatul Aqmar Binti Zakaria, 鈴木逸人, 山田悟史, 東藤正浩, “付加製造法による格子構造インプラントの圧縮破壊挙動分析”, 日本機械学会北海道学生会第48回学生員卒業研究発表講演会, 2019年3月2日, 北見工業大学 (北海道北見市).

加藤創, 山田悟史, 東藤正浩, “ウェアラブルセンサによる歩行特徴分析”, 日本機械学会北海道学生会第48回学生員卒業研究発表講演会, 2019年3月2日, 北見工業大学 (北海道北見市).

東藤正浩, “マイクロ・ナノメカニクスの視点から見る加齢に伴う骨質変化 (シンポジウム)”, 第31回北海道骨粗鬆症研究会学術集会, 2019年2月23日, 北海道大学学術交流会館 (北海道札幌市).

山田悟史, 深沢光一, 長尾春奈, 東藤正浩, 但野茂, “海綿骨弾性率・強度に対する骨梁剛性の寄与”, 第31回北海道骨粗鬆症研究会学術集会, 2019年2月23日, 北海道大学学術交流会館 (北海道札幌市).


2018年

東藤正浩, Lei Zhao, 幸村紀信, “皮質骨有機・無機ラマンシフトの負荷応答と無機体積分率の影響”, 日本機械学会M&M2018材料力学カンファレンス, 2018年12月22日-24日, 福井県福井市.

Lei Zhao, Masahiro Todoh, “A XRD study of biomimetically recalcified bovine bone tissue”, 11th Australasian Biomechanics Conference, December 3-5, 2018, Auckland, New Zealand.

Masahiro Todoh, “Biomechanical study on bone tissue as mineral/organic composite (Keynote Lecture)”, 8th East Asia Mechanical and Aerospace Engineering Workshop, December 1-3, 2018, Hong Kong SAR, China.

Masahiro Todoh, “Age-related mechanical changes of mineral and collagen phases in bone by X-ray diffraction analysis”, 8th Symposium on Academic Exchange and Collaborative Research Hokkaido University – ETH Zurich, November 7-9, 2018, Sapporo, Japan.

髙橋祐太, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂, “ウシ大腿骨近位海綿骨における骨梁形態と弾性率”, 日本機械学会第29回バイオフロンティア講演会, 2018年10月24日, 25日, 千葉県千葉市.

増山研, 唐明輝, 東藤 正浩, 山本徹, “MR signal that reflects the internal structure of cortical bone: dependence of the angle between the bone axis and the static magnetic field direction”, 第116回日本医学物理学会学術大会, 2018年9月15日-17日, 岩手県盛岡市.

兼吉洸希, Lei Zhao, 山田悟史, 東藤正浩, “脱灰骨の有機・無機成分の力学挙動計測”, 日本機械学会2018年度年次大会, 2018年9月9日-12日, 大阪府吹田市.

Masahiro Todoh, Misaki Kitayama, “Mechanical analysis for articular cartilage based on biomolecular structure by Raman spectroscopy”, 8th World Congress of Biomechanics, July 8-12, 2018, Dublin, Ireland.

Satoshi Yamada, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, “Effects of single trabecula stiffness on cancellous bone strength in bovine femoral neck and metaphysis”, 8th World Congress of Biomechanics, July 8-12, 2018, Dublin, Ireland.

Satoshi Yamada, Masato Kitai, Masahide Harada, Harukazu Tohyama, Shigeru Tadano, “Individual activity of femoral muscles detected by electromyography computed tomography (wireless EMG-CT)”, 8th World Congress of Biomechanics, July 8-12, 2018, Dublin, Ireland.

東藤正浩, 北山美咲, “ラマン分光法によるブタ膝関節軟骨の力学挙動解析”, 第57回日本生体医工学会大会, 2018年6月19日-21日, 北海道札幌市.

田口佳孝, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂, “ウシ大腿骨皮質骨円周方向のHAp結晶ひずみ特性”, 日本バイオマテリアル学会北海道ブロック第3回研究会, 2018年5月19日, 北海道大学歯学研究院 (北海道札幌市).

高橋祐太, 長尾春奈, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂, “海綿骨板状骨梁の弾性率計測”, 日本バイオマテリアル学会北海道ブロック第3回研究会, 2018年5月19日, 北海道大学歯学研究院 (北海道札幌市).


Copyright (c) Laboratory of Biomechanical Design, Hokkaido University All Rights Reserved