沿革

昭和37年(1962年)4月1日

  • 北海道大学工学部に機械工学第二学科を設置
  • 機械工学第二学科に機械設計学講座を設置

昭和41年(1966年)4月1日

  • 大学院工学研究科に機械工学第二専攻を設置

平成8年(1996年)5月11日

  • 機械工学専攻,機械工学第二専攻,応用物理学専攻,原子工学専攻を量子物理工学専攻,量子エネルギー工学専攻,機械科学専攻に改組
  • 機械工学科,機械工学第二学科,応用物理学科,原子工学科を応用物理学科,原子工学科,機械工学科に改組
  • 機械設計学講座を適応設計学分野に改称

平成17年(2005年)4月1日

  • 量子エネルギー工学専攻,機械科学専攻を機械宇宙工学専攻,人間機械システムデザイン専攻,エネルギー環境システム専攻,量子理工学専攻に改組
  • 原子工学科,機械工学科を機械知能工学科に改組
  • 適応設計学分野をバイオメカニカルデザイン研究室に改称

平成22年(2010年)4月1日

  • 工学研究科を工学研究院,工学院,総合化学院に改組
  • 工学研究院に人間機械システムデザイン部門を設置
  • 工学院に人間機械システムデザイン専攻を設置

Copyright (c) Laboratory of Biomechanical Design, Hokkaido University All Rights Reserved