北海道大学/ Hokkaido University
研究内容 メンバー 研究実績 アルバム リンク

タンパク質を用いたバイオミネラリゼーションとその工学的応用

生物は様々なメカニズムで自身の周囲や体内に鉱物(ミネラル)を作っており,その鉱物化作用のことをバイオミネラリゼーションといいます。バイオミネラリゼーションにおいては,タンパク質が重要な役割を担っています。例えば,真珠や貝殻,そして我々の体内にある骨や歯においては,タンパク質が硬組織の形成をコントロールしています。一方,海に生息する海綿動物(Sponge)の中に

は,シリカなどのミネラルの形成を促進(触媒)するタンパク質(酵素)の存在が知られています。私たちの研究室では,このようなミネラルの形成に関与するタンパク質・酵素を,無機材料の作製や様々な物質の固化あるいは固定化に応用する研究を行っています。


Biomineralization using proteins for industrial application

Seashells, crustacean shells and bones can be cited as examples of biomineralization. These living organisms have a gene to create inorganic minerals, thus the kinds of hard tissue with minerals are genetically designed. We currently focus on biomineralization using silica-forming enzyme which is isolated from sponge. Using the biomineralization function of living organisms, our laboratory is advancing research with the potential to help with civil engineering, construction and environmental improvement.



 
▲ ページトップへ ▲  
〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
北海道大学大学院工学研究院 環境循環システム部門 地圏循環工学分野 資源生物工学研究室
Copyright (C) Laboratory of Biotechnology for Resources Engineering. All rights reserved.