第3回材料WEEK 若手学生研究発表会

日本材料学会 第3回材料WEEK内で開催された若手学生研究発表会(10/10,11)において上遠野(M2),水谷(M2),髙栁(M2),岸本(M2),吉中(D3)の5名がショートプレゼンとポスター発表を行いました.
また,本発表会において,吉中が優秀講演賞の「ベストプレゼンテーション賞」と「ベストディスカッション賞」をダブル受賞しました.おめでとうございます!

M&M2017

10/7(土)-10/9(月)にかけて北海道大学工学部で開催された「日本機械学会 M&M2017材料力学カンファレンス」において,学会運営に携わりました.
また,本講演会で大賀(M1),鹿島(M1),髙梨(M2)がポスター発表,吉中(D3),藤村助教が口頭発表を行いました.

M&M2017

New Members

10月よりMEHENDIRATTA君(M1)と孫君(研究生)が新たに加入しました.
ようこそ!

受賞

吉中奎貴がVHCF7-Seventh International Conference on Very High Cycle Fatigue(organized by DVM-German Association for Materials Research and Testing e. V., 3-5 July 2017, Dresden, Germany)においてDVM-Junior Prizeを受賞しました.
おめでとうございます!

yoshinaka_20170705

受賞

髙橋航圭准教授が一般社団法人 日本機械学会 奨励賞を受賞しました.
おめでとうございます!

4年生配属

新たに5名の学生が研究室に加わりました.
今後の活躍に期待しています.

加藤 瑞紀
今  佑宇真
笹木 達弥
丹野 椋子
中川 源

受賞

藤村奈央助教が公益社団法人日本材料学会 疲労部門委員会の第33回疲労シンポジウム・第1回生体・医療材料シンポジウムにおいて優秀研究発表賞(学術分野)を受賞しました.
おめでとうございます!

卒業研究発表講演会

日本機械学会北海道学生会 第46回学生員卒業研究発表講演会において,石原梨沙がBest Presentation Awardを受賞しました.
おめでとうございます!

BPA_2017
BPA_2017_v2

研究成果の紹介

科学的・工学的に注目すべき研究成果として下記の論文がAdvances in Engineering社のウェブサイトで紹介されました.

“Non-destructive observation of internal fatigue crack growth in Ti–6Al–4V by using synchrotron radiation μCT imaging”
Fumiyoshi Yoshinaka, Takashi Nakamura, Shinya Nakayama, Daiki Shiozawa, Yoshikazu Nakai and Kentaro Uesugi
International Journal of Fatigue, 2016, 93, Part 2, 397-405
詳細