学術論文:2006年

学術論文 2006年

1. Grain Refinement and Improvement in Mechanical Properties of Nb-Al-Si Intermetalic Alloys

ISIJ International, Vol. 46 (2006), No. 6, pp. 875-879.
Kiyotaka Matsuura, Dariusz Boleslaw Kata, Jerzy Tadeusz Lis and Masayuki Kudoh

2. Fabrication of TiB2 Particle Dispersed FeAl-based Composites by Self-propagating High-temperature Synthesis

ISIJ International, Vol. 46 (2006), No. 6, pp. 871-874.
Kiyotaka Matsuura, Yuki Obara and Masayuki Kudoh

3. 放電プラズマ焼結された過共晶Al-Si合金のミクロ組織と機械的性質

軽金属, Vol. 56 (2006), No. 3, pp. 150-155.
黒石農士, 工藤昌行, 松浦清隆

4. マイクロチャンネル形成に及ぼす基体金属種と犠牲コア金属種の影響

2005年度傾斜機能材料論文集, 未踏科学技術協会編, 第19巻 (2006), pp. 97-102.
佐藤まどか, 大参達也, 井口学, 松浦清隆, 工藤昌行

5. 犠牲コアへの第3元素添加によるマイクロチャンネルライニング層の組成制御

2005年度傾斜機能材料論文集, 未踏科学技術協会編, 第19巻 (2006), pp. 91-96.
高遠将史, 大参達也, 井口学, 松浦清隆, 工藤昌行

6. 非平衡凝固Al-Si合金粉末の焼結過程における微細組織と機械的性質の変化

2005年度傾斜機能材料論文集, 未踏科学技術協会編, 第19巻 (2006), pp. 85-90.
松浦清隆, 大参達也, 工藤昌行

7. FeAl-TiB2系複合材の擬HIP燃焼合成

鋳造工学, Vol. 78 (2006), No. 11, pp.563-569
小原裕樹, 松浦清隆, 工藤昌行

8. Self-propagating High-temperature Synthesis of Carbide- and Boride- Aluminides

Advances in Science and Technology, Vol. 45 (2006), pp. 1024-1028.
Kiyotaka Matsuura, Yusuke Hikichi and Yuki Obara

9. Combustion Synthesis of TiB2 Particle Dispersed Metal Matrix Composites

Materials Science Forum, Vols. 539-543 (2007), pp. 809-813.
Kiyotaka Matsuura and Yuki Obara

10. 金属焼結体内のマイクロチャンネル形成に及ぼす金属種の影響

2006年度傾斜機能材料論文集, 未踏科学技術協会編, 第20巻(2006), pp. 134-139
佐藤まどか, 大参達也, 井口学, 松浦清隆

11. TiB2粒子分散FeAl基FGMの燃焼合成

2006年度傾斜機能材料論文集, 未踏科学技術協会編, 第20巻(2006), pp. 121-126
小原裕樹, 松浦清隆

12. 3DMWを用いたチタンへのアルミナイド被覆

2006年度傾斜機能材料論文集, 未踏科学技術協会編, 第20巻(2006), pp. 115-120
水田直気, 松浦清隆, 宮本欽生, 桐原聡秀

13. SPS法による組成傾斜Al-Si合金の作製

2006年度傾斜機能材料論文集, 未踏科学技術協会編, 第20巻(2006), pp. 97-102
四ッ谷優, 松浦清隆

14. Fabrication of W-C Binary FGM Alloys Using Spark Plasma Sintering

2006年度傾斜機能材料論文集, 未踏科学技術協会編, 第20巻(2006), pp. 29-34
Beata Macherzynska, Kiyotaka Matsuura
back