はじめての方へ

IMG_6216

北海道大学工学研究院 全学共同利用施設 光電子分光分析研究室では固体材料に関する各種表面観察・分析装置が稼働しており、その利用機会を学内研究者のみならず学外の方へも開放しております。研究者の皆様のご利用をお待ちしております。

点検や講習会などの施設に関する情報は、当ホームページに随時、掲載します。

装置予約サイト(HINES下のみ閲覧可能)より装置予約をした後、使用して下さい。使用後は、各装置の使用記録簿に名前等を記入して下さい。予約時間と使用記録簿をもとに、毎月の装置使用料を責任者の方にお知らせ致します。

ホームページは発展途上です。ホームページに関するご意見はsuzuki-k(-)eng.hokudai.ac.jpまでお願いします。メール送付の際には(-)を@に変えて下さい。

はじめて装置を利用される方へ(施設利用の流れ)

① 分析されたい内容・使いたい装置について、まずは施設スタッフ(技術職員・鈴木)までご相談下さい。メール(suzuki-k~ eng.hokudai.ac.jp ~を@に変換)、またはお電話(011-706-6882)、直接施設(本学フロンティア応用科学研究棟1-03)にお越し頂けるのが一番です。その際には初回講習申込書をご用意頂けるとスムーズです。

② 打ち合わせで利用装置の初回講習の日程を決めます。

③ 装置の予約に必要なユーザー番号をご連絡致します。その番号を利用して、装置予約サイトで初回講習日時の装置予約をして頂きます。

④ 装置の初回講習を受けて頂きます。初回講習後は装置をご自身でご利用頂けます。装置予約サイトで予約し、ご自由にお使い下さい。利用についてご不明・ご不安なところがあれば何度でもスタッフによる講習を行います。別途ご相談下さい。

⑤ 月毎に装置の利用料を集計し、利用者の責任者の方に装置利用料をお知らせ致します。お支払には校費、委任経理金、科研費などが利用可能です。

⑥ 装置利用による研究業績(論文投稿等)がございましたら施設スタッフまでご連絡下さい。施設運営において大変重要な成果となります。論文謝辞についても当研究室名をご記載頂きます様宜しくお願い致します。

研究室の主な装置

IMG_1727SEM(電子冷却式EDS付、低真空対応):試料予備観察・元素分析装置 (JSM-6510LA)

IMG_1729AES(結晶方位解析EBSD付):オージェ電子分光装置 (JAMP-9500F)

IMG_1732XPS(ESCA、マイクロ領域の測定可能):X線光電子分光装置(JPS-9200)

IMG_6203CP:断面分析用試料作製装置 (SM-09010)

IMG_4492AFM:原子間力顕微鏡(SII製 SPA-400)

IMG_4491LSCM:共焦点レーザー走査型顕微鏡(Lasertec製 1LM21D)

研究室遍歴

2010年3月に日本電子製の

XPS(ESCA、マイクロ領域の測定可能):X線光電子分光装置(JPS-9200)

AES(結晶方位解析EBSD付):オージェ電子分光装置 (JAMP-9500F)

SEM(電子冷却式EDS付、低真空対応):試料予備観察・元素分析装置 (JSM-6510LA)

CP:断面分析用試料作製装置 (SM-09010)

の4台が当施設に導入され全学共同利用施設として稼働しています。

2011年10月より技術職員が配属になりました。

2012年7月より当施設が文部科学省のナノテクノロジープラットフォーム事業に参画しました。

2014年6月より工学研究院フロンティア応用科学研究棟に研究室が移転しました。

2016年4月よりAFM:原子間力顕微鏡(SII製 SPA-400)とLSCM:共焦点レーザー走査型顕微鏡(Lasertec製 1LM21D)が稼働しています。

コメントは受け付けていません。