3年生(新4年生)向け特設ページ

─ 応用マテリアル工学コースの3年生へ ─
この特設ページは4月に研究室配属を控えている皆さんが気になるであろう、
当研究室のアレコレを載せています。

「俺の知りたいことが載ってねぇ!」とか、「これじゃ雰囲気なんてわかんねぇ!」
と思う方がいらっしゃいましたら、遠慮なく当研究室に突撃してきてください。
ケーキは出しませんが、お茶ぐらいは出します。
もちろん、直接じゃないと聞けないことなどなど、なんでも教えますよ!

【Q & A】

Q. どんな研究室ですか?
A. 金属材料の腐食・防食、めっきや電池の再生技術開発など様々な研究を行なっています。
学問としては、”電気化学”と呼ばれる分野です。

Q. どんな研究内容ですか?
A. こちらにタイトルだけですが、一覧があります。

Q. どんな金属を扱いますか?
A. アルミニウム、リチウム、ナトリウム、シリコンなど、主に非鉄金属を扱います。

Q. どんな装置を使いますか?
A. 観察・測定にはSEM、XPS、ICP(発光分光分析装置)、XRD
などを使用します。

Q. 泊り込んだりして実験しますか?
A. 少なくとも強制的にやらされることはありません。
むしろ徹夜での実験は推奨しないことになっています。
ただ、ヤル気のある人がたま~に泊って実験してます。

Q. どんな人におすすめですか?
A. わりと、真面目な人。遊びと真面目の区別がつく人。
普段はまったり、やる時にやれたらいーんです。

Q. 研究室はどんな雰囲気?
A. 学年関係なく上も下も横も仲良しです。
やるときはやります。やらないときはやりません。みんないい距離感を保っています。
下の写真やらイベントを見てください。

Q. コアタイムはありますか?
A. 一応ありません。が、基本的には学生は10時には集まっていますし、
ゼミや部屋の掃除がある日には9時半には来ています。

Q. ゼミはありますか?
A. 週2回午前中にあります。

Q. ゼミは何をしますか?
A. 輪講と雑誌会です。

Q. 輪講って何ですか?
A. 輪講とは電気化学や腐食防食に関する英語の教科書を順番に読んで訳していくことで、英語と電気化学や腐食防食の勉強をしていこうという
一石二鳥のゼミです。

Q. 雑誌会って何ですか?
A. 雑誌会とは自分の研究と関連がある英語の論文を読み研究室内で発表することで、自分の研究とプレゼンテーション能力と英語力を向上させようという
一石三鳥のゼミです。

Q. 研究室内で、研究の進捗報告会みたいなものはありますか?頻度はどれぐらいですか?
A. 教員、学生全員そろっての進捗報告会は8月, 12月のゼミの時間に全員が行います。
学会発表前にも発表者はメンバー全員の前で発表練習を行います。
指導教員との打ち合わせは(報告、連絡、相談など)は随時行っています。

Q. 院試の勉強はできますか?
A. できます。10年分?の過去問、先輩のサポート付きです。

Q. パソコンの支給は?
A. ごめんなさい。ありませんが、先輩のお下がりがもらえるかもです。

Q. バイトしてる人はいますか?
A. 家庭教師、塾講、飲食店、ホテルなど、さまざまです。

Q. 研究室の一年間はどんな感じですか?
A. 公式なイベントはこんな感じです。
非公式な遊びや飲み会は、やりたいときにやりたい人が企画します。

Q. 電気化学についての講義が少ないですが不都合はありますか?
A. 研究室に入ってから、「4年生の授業のプレゼンテーション」、「自分の実験」、「ゼミ」、「卒業論文の執筆」など、
必要に応じて自分で勉強していくことになるので、全く問題ありません。
もちろん、わからないところがあっても先生、先輩が教えてくれます。

Q. どの講義が参考になりますか?
A. 学生実験の”めっきと腐食”の実験と、
上田先生の熱力学、松島先生の表界面物理化学が参考になります。

Q. 就職先にはどんな企業がありますか?
A. 鉄鋼、非鉄、重工、メーカーなどがあります。
神戸製鋼、UACJ、日本軽金属、古河電工、TOTO、
三菱重工、川崎重工、IHI、日野自動車、Panasonic など

【学生の日常】

研究室の学生の日常についての一例を示します

高橋さん(現M1)の日常
日常(B4)

【研究室の日常】

イベントなどの写真はこちら

Comments are closed.