先端高温材料工学研究室

(鵜飼・林研究室)では
ジェットエンジン・原子力/火力発電等の高温極限環境において
長寿命・高信頼性を有する材料
を追究しています。

鵜飼教授・大野助教は
・画期的な高温強度を示す酸化物分散強化(ODS)合金の研究開発
林准教授は
・高温における耐酸化スケール・耐腐食コーティングの研究開発

材料組織学や熱力学、材料強度学などの材料工学の基礎に基づき、将来の高温エネルギー材料に不可欠な材料強度と高温腐食防食を両立させた、先端高温材料の創製を目指しています。

What’s New!!(2017.11.14更新)
・国内・国際学会発表
・パイ投げ
2017年度の記事はこちら

先端高温に興味のある学生の皆様へ(2017.03.01更新)
研究内容の紹介はこちら
研究室生活の紹介はこちら