コース概要

環境・エネルギー工学や宇宙工学などの新領域へ

機械工学と原子工学を基盤として、制御工学、量子力学や情報処理・電子工学などを応用し、エネルギーおよび宇宙機器などの大規模で高度な機械システムの先端産業分野で活躍する技術者や研究者を育成します。また、バイオ、ナノ・マイクロ、環境等の新領域で活躍できる人材の育成も目標としています。

新しいメカニズムを創出するセンスを養う

熱工学、流体力学や原子物理などの基礎知識を習得するとともに、科学技術の発展に対応できるようにするため、従来の機械工学の範疇を超えた、新領域対応の基礎的知識についての教育を充実させています。また、学生自身の発想で課題解決を行う創成型教育、先端研究を体験する卒業論文にも力を注いでいます。

機械システムコースをもっと知るには

機械情報コースと機械システムコースには、カリキュラム上も多くの共通点があります。機械システムコース専門科目として、「環境」「エネルギー」「宇宙工学」により重点を置いていますが、他方のコースの講義も聴講可能です。両コース共通の科目は、各コースの専門科目を理解するうえで必要な機械知能工学の基礎科目を系統的に習得できるよう構成。大学院進学時には、コースには関係なく志望による専攻の選択が可能です。

名物講義はこちらから

機械知能工学科Q&Aはこちらから

名物研究室はこちらから

所属研究室概要

※ 機械情報コースと機械システムコースでは、幾つかの科目で必修と選択の違いがあるのみで、履修可能な科目に差はありません。研究室配属の際にも,どちらのコースに所属する学生でも平等に機械知能工学科すべての研究室を選択可能です.

計算流体工学研究室

コンピュータで究める流れの奥義

教授 大島 伸行│准教授 坪倉 誠

身近にありながら未知の現象を数多く含む流れ現象を対象に、高性能コンピュータを用いてその物理メカニズムを解明します。乱流、反応流、空力音響、連成解析等をキーワードとして流れの数値シミュレーション技術を開発し、日本のものづくりに貢献します。

宇宙環境システム工学研究室

宇宙利用の未来を切り拓く

教授 永田 晴紀│准教授 戸谷 剛│助教 脇田 督司

小型ロケット/小型衛星の開発により宇宙工学研究を小規模化し、我が国の宇宙技術開発の基盤を強化します。また、宇宙用推進機関や放熱器等の次世代宇宙システムに必要な基盤技術を開発し、宇宙利用の未来を切り拓きます。

先端流体力学研究室

流体力学のその更なる先を究める

教授 渡部 正夫│助教 小林 一道

分子スケール、あるいはマイクロスケールの流れの素過程に注目し、その物理機構を精緻な実験、数値シミュレーション、数学的理論解析などを用いて解明します。得られた知見を用いて、新しい技術の開発を目指す先端的な流体力学に取り組みます。

宇宙環境応用工学研究室

宇宙利用の未来を支える

教授 藤田 修│准教授 中村 祐二│助教 伊東 弘行

微小重力・弱重力閉鎖空間での火災安全に資する基礎研究を通じて、安全・安心な有人宇宙活動の展開を積極的に支援します。微小重力場などの特殊場での極限燃焼現象の観察などを通じて燃焼現象の基礎物理を理解し、身近なエネルギー問題を解決します。

マイクロエネルギーシステム研究室

目指せ! エネルギーフリー世界

教授 佐々木 克彦│准教授 黒田 明慈

極微小なナノ材料を用いた熱伝導率の著しく高い複合材料の開発、ナノ粒子を利用した流動抵抗低減技術開発などの低炭素社会実現にかかわる研究や、マイクロステントの開発などの人間工学や医療工学に通ずる研究を通して夢ある未来の実現を目的としています。

マイクロ・ナノメカニクス研究室

工学部で生命現象を研究する

教授 大橋 俊朗│准教授 山田 雅彦│助教 前田 英次郎

材料力学や流体力学などの学問分野を基盤として、生命現象と力学環境のかかわりについて最先端の工学・生化学技術を駆使した研究を展開し、当該分野における普遍原理を探求するとともに病態原因の解明や医学分野への応用を目指しています。

原子炉工学研究室

地球環境保全から宇宙開発まで

教授 奈良林 直│准教授 辻 雅司

地球温暖化防止のエネルギー供給の切り札として世界中で原子力発電所が建設されています。原子力を身近で安心できるものにするために、故障や事故の予兆を検知して安全を確保する発電知能ロボットや惑星間航行用原子力宇宙船の開発を行っています。

流動場システム工学(流れ制御)研究室

アイデアの泉・ザ・実験流体力学

教授 村井 祐一│准教授 田坂 裕司│特任准教授 熊谷 一郎

理論や計算では発見できない実験ならではの流体力学の面白さを味わうことができる研究室です。最新鋭の計測原理を応用開発し、不思議な流れを発見して、流れの制御技術に活かします。船舶や風車など今世紀の地球環境を守るアイデアで賑わっています。

応用熱工学研究室

究極の熱エネルギー変換技術を求めて

教授 小川 英之│准教授 柴田 元

人間生活に欠くことのできない熱エネルギー変換技術であるエンジンシステムの排気改善と効率向上、燃料性状からのクリーン化のアプローチ、次世代燃料利用技術の確立を基軸とし、人間社会に調和した熱エネルギー変換技術を考案することを最終目標としています。

原子力安全工学研究室

ナトリウム高速炉の安全を極める

特任教授 杉山 憲一郎│准教授 坂下 弘人│助教 千葉 豪

ナトリウム冷却高速増殖炉および軽水炉の安全性にかかわる物理・化学現象の解明と関連する計測法の開発や、安全性および信頼性が高い金属燃料小型ナトリウム高速炉の開発を行っています。

光・波動応用計測工学研究室

プラズマ応用は可能性無限大

教授 佐々木 浩一│准教授 富岡 智 │助教 西山 修輔

大規模集積回路や太陽電池パネルなどの製造に用いられるプラズマプロセシングを高度化するとともに、超高圧多相混在プラズマなどの新しいプラズマの応用を開拓します。また、電磁波を用いて産業応用プラズマなどを画像計測するための方法を開発します。

エネルギー変換システム研究室

「エネルギー」で未来を創る

教授 近久 武美│准教授 田部 豊

環境調和型社会のために、高効率でクリーンなエネルギー変換技術の開発と、理想的な社会エネルギーシステムの提案を目指します。これらのミクロおよびマクロ的な視点から「地球環境の急速な変化」と「エネルギー資源の枯渇」の解決に挑戦します。

表面活性構造物性研究室

ナノレベルで表面をみて、つくって、あやつって

教授 朝倉 清高│准教授 高草木 達 │助教 有賀 寛子

本研究室は固体表面の触媒作用と構造、物性を理解し、ナノレベルで表面構造を規定した新たな触媒を設計・構築するとともに、その反応特性を動的にコントロールすることを目的として、主に酸化物や化合物などの複雑表面を対象に研究活動を行っています。

 

コースのパンフレットは、以下からダウンロードできます。

http://www.eng.hokudai.ac.jp/issue/

コメントは停止中です。