クラブについて

昭和16年(1941年)の予算概算に生産冶金工学科設置の件が提出された。当時は戦時体制化であり、学科設置には多くの困難が伴ったが、財団法人北海道生産冶金協力会の募金活動・財政支援、関係者による建設資材確保など様々な努力によって学科新設の予算が認められ、昭和17年(1942年)4月7日、北海道帝国大学工学部に生産冶金工学科が発足した。
(北大工学部七十五年史より)

昭和17年(1942年)4月7日

北海道帝国大学工学部に生産冶金工学科が設置された。冶金学第1および冶金学第2講座が設置された。

昭和18年(1943年)7月23日

冶金学第3講座が増設された。

昭和18年(1943年)11月22日

冶金学第4講座が増設された。

昭和22年(1947年)10月1日

北海道帝国大学が北海道大学に改称された。

昭和27年(1952年)4月1日

生産冶金工学科が冶金工学科に改称された。

昭和28年(1953年)5月13日

大学院工学研究科に冶金工学専攻が設置された。

昭和33年(1958年)4月1日

工学部附属金属化学研究施設が設置された。金属物理部門が設置された。

昭和37年(1962年)3月31日

冶金学第5講座が増設された。

昭和38年(1963年)4月1日

冶金学第6講座が増設された。

昭和40年(1965年)4月1日

金属化学研究施設に高温化学部門が増設された。

昭和46年(1971年)4月1日

冶金工学科が金属工学科に改称された。大学院冶金工学専攻が金属工学専攻に改称された。

昭和58年(1983年)4月10日

金属化学研究施設に炭素系素材部門が増設された。

平成6年(1994年)6月24日

大学院金属工学専攻、応用化学専攻および合成化学工学専攻が物質工学専攻および分子化学専攻に改組された(大学院重点化、大講座制に移行)。これに伴い、金属工学科が材料工学科に改組された。附属金属化学研究施設が廃止され、学内共同教育研究施設であるエネルギー先端工学研究センターが設置された。

平成16年(2004年)4月1日

エネルギー先端工学研究センターが廃止され、エネルギー変換マテリアル研究センターが設置された。

平成17年(2005年)4月1日

大学院物質工学専攻および分子化学専攻が材料科学専攻、有機プロセス工学専攻、生物機能高分子専攻および物質化学専攻に改組された。これに伴い、材料工学科は応用理工系学科応用マテリアル工学コースに改組された。

平成22年(2010年)4月1日

大学院工学研究科が大学院工学研究院および工学院に改組された。これに伴い、工学研究院に材料科学部門、工学院に材料科学専攻が設置された。エネルギー変換マテリアル研究センターが工学研究院附属エネルギー・マテリアル融合領域研究センターに改組された。