カリキュラム
HOME >  カリキュラム

 

 

環境問題の主対象となる水・エネルギー・廃棄物・大気などの各論を学びます。
これだけ広い環境問題領域を横断的かつ体系的に学べる教育機関は、国内外を見渡しても北海道大学衛生環境工学コースだけです。

各論の学習に先立ち、問題を工学的に取り扱うための道具となる基礎科目を厳選して2年次に開講しています。3年次からは環境問題各論の講義が始まるとともに実験が必修科目となっています。

実験は、基礎分析手法の習得および環境問題各論で学んだ事象の体感を目的としています。各種演習科目を充実させているのもカリキュラムの特徴となっています。

4年次の卒業研究では、環境問題を世界最先端の技術を応用して解決・解明するための研究手法を身につけます。
プレゼンテーション能力、英語運用能力の重要性は我々の分野では特に高まっており、卒業研究ではこれらの能力向上を目的とした指導が行われます。

衛生環境工学コース カリキュラム
1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史など) ●基礎科目(数学、物理、化学、生物)
●外国語科目 ●情報学
など

 

 

2年次
学科共通科目・コース専門科目
●環境工学序論 ●環境生理学 ●環境工学序論 ●環境生理学
●環境物理 ●環境統計学 ●環境モデリング ●流体工学
●水文学 ●反応工学 ●分離工学 ●生物工学概論
など

 

 

3年次
コース専門科目
●上水工学 ●下水工学 ●分析化学 ●熱工学
●水環境保全工学 ●人間環境計画学 ●都市エネルギーシステム工学 ●環境システム工学
●気象学 ●大気保全工学 ●環境リスク解析学 ●廃棄物管理工学
●廃棄物処理工学 ●環境工学実験 ●環境化学演習 ●物理化学要論
など

 

 

4年次
コース専門科目
●卒業研究
など

 

 

修士課程・博士後期課程
環境創生工学 専攻|空間性能システム 専攻
●広域水環境工学特論 ●廃棄物処理工学特論 ●水環境施設工学特論 ●リサイクルシステム特論
●排水処理・再生工学特論 ●廃棄物埋立処分工学特論 ●水・物質循環工学特論 ●室内気候学特論
●水・公衆衛生特論 ●環境人間工学特論 ●水質化学特論 ●環境システム工学特論
●大気環境工学特論 ●環境エネルギー工学特論 ●大気環境解析特論 ●環境評価学特論
など

 

 

科目の説明
    • 分析化学
      環境中に存在する有害物質を分析するために必要な化学や機器に関する知識を学びます。
    • 反応工学
      環境中や処理プロセスにおける汚染質の移動と変化過程を解析する方法を学びます。
    • 環境リスク解析学
      有害化学物質や病原微生物の健康リスクがどのように推定されているかを学びます。
    • 応用数学I
      自然現象の数学的記述においてよく現れる微分方程式についてその解法と工学の諸分野における応用について修得します。
    • 熱工学II
      人間と周囲環境に拘る熱の問題を扱う上での伝熱機構について学ぶとともに、流体・電気など異種系間における動的現象の相似関係を学習します。
    • 人間環境計画学
      人間環境に関する基礎知識,空気調整,屋内外環境評価指標および指標の算出方法,衛生設備を習得します。
    • 水文学
      地球上における水の循環や,河川・地下水の流れの成立過程,水の利用方法を学びます。
    • 水環境保全工学
      河川や湖沼等の水質保全方法,排水の浄化方法,流域管理についてを学びます。
    • 気象学
      温暖化や成層圏オゾン層の破壊、都市のヒートアイランド現象などに関連する気象学の基礎を学びます。
    • 大気保全工学
      地域規模〜地球規模までの大気汚染現象を考える上での物理・化学の基礎を学びます。
    • 環境モデリング
      環境で起こる現象を体系だって理解し,モデル化する方法を学びます。
    • 廃棄物処理工学
      ごみ問題を技術,環境影響,経済,社会など広い観点から学びます。
    • 流体工学1
      環境問題において極めて重要である水・空気(流体)の数式的取り扱いを学びます。
    • 環境工学序論
      環境工学の魅力、歴史、未来における役割などに関する講義と現場見学を通じて、今後の勉学・進路選択のための基礎知識が得られます。
    • 物理化学要論
      環境中の様々な化学成分の分布や変動に関連する物理化学的諸過程を定量的に捉えるための知識が得られます。
    • 環境物理
      騒音・振動・放射線などの物理的環境因子に関する知識を様々な視点から学びます。
    • 環境統計学
      実験・調査等によって得られたデータの統計的な解析手法と結果の解釈の仕方について学びます。

 

衛生環境工学コース 時間割

2年次では、環境工学序論などの『入門系科目』が開講されます。これらの科目では、衛生工学・環境工学が果たすべき役割・責任を学び、またコースでの学修に対して目的意識を持ってもらうことを意図しています。

また、2年次より統計学、流体工学などの『数理系基礎科目』を学びます。これらの科目では工学のより深い学修に必要となる汎用性の高い項目を扱います。『数理系基礎科目』には他学科・コースでも類似の科目が開講されているものが多く含まれていますが、それぞれの科目は衛生工学・環境工学の分野で必要度の高い部分についてより重点を置いたカリキュラム内容となっています。

これらの科目の修得においては、受動的な学習のみならず能動的な学習が効果的であり、また必要とされます。この目的のために、一連の『演習・実験系科目』が用意されています。

微生物工学、気象学などの『応用系基礎科目』では、これまで学んできた数理系科目、また前述の『数理系基礎科目』での学修に基づき、衛生工学・環境工学により特化した内容を取り扱い、専門分野の学修において必要となる素養を身につけます。

3年次より、『環境問題各論』を扱う講義が開講されます。これらの講義では、衛生工学・環境工学の具体的な対象物となる水・空気・廃棄物・大気・エネルギーなどに関しての各論が展開されます。この分類の講義は選択科目となっていますが、幅広い視野の獲得を目的として多くの科目を履修することを期待します。また、幅広い科目履修は4年次における研究室選択に際して大きな判断材料を提供するでしょう。

本コースで学修する内容は「土木工学」あるいは「資源工学」と分類される学問体系と非常に近い関係にあります。これらの分野をカバーする科目として『関連科目』を開講しています。公務員試験の受験を考えている場合にはこれらの科目を積極的に受講することを推奨します。

上述した科目の学修内容を積極的に運用し、「まとめ能力」「コミュニケーション能力」「継続的学習能力」の向上を目的として取り組むのが4年次に行う『環境工学ゼミナール』および『卒業論文』です。

2年生前期
1 情報エレクトロニクス概論
2 環境統計学 環境生理学 コンピューティング演習 応用数学演習 I  
3 水文学 応用数学 I 生物工学概論 環境毒性学 環境工学序論
4 基礎図形科学  
5

網掛け(ピンク)は必修科目です。

2年生後期
1  
2 流体工学Ⅰ 数理計算演習 計画数理学   環境物理
3 反応工学 環境モデリング 反応工学演習 工学基礎演習
4 微生物工学
5

網掛け(ピンク)は必修科目です。

3年生前期
1
2 流体工学 II 環境リスク解析学 環境化学演習 気象学 分析化学
3 熱工学 II 環境工学実験 I 熱工学 I 廃棄物処理工学 熱工学演習
4 環境システム工学 流体工学演習 理化学要論 分離工学
5

網掛け(ピンク)は必修科目です。

3年生後期
1 人間環境計画学
2 廃棄物管理工学 構造力学Ⅰ 大気保全工学 土の力学Ⅰ 都市エネルギーシステム工学
3 下水工学 環境工学実験Ⅱ,Ⅲ 環境工学実験Ⅱ,Ⅲ 設計製図 水環境保全工学
4 上水工学
5

網掛け(ピンク)は必修科目です。

4年生前期
1 コンストラクションマネジメント 現代物理学概論 情報エレクトロニクス概論 建築都市学概論 機械工学概論
2 土の力学 II 資源循環工学  
3   材料工学概論 生物工学概論
4 構造力学 II
5 科学技術英語演習

網掛け(ピンク)は必修科目です。

4年生後期
1 生体工学概論
2 職業指導 寒地環境工学
3 環境工学ゼミナールⅡ 現代化学概論と職業指導
4
5 エネルギー工学概論

網掛け(ピンク)は必修科目です。

工学部1年生のみなさんへ
高校生のみなさんへ
入試情報
イベント情報
  • 2016.11.25
    寒冷地における水管理に関する国際教育プログラムワークショップが開催されます。
  • 2016.11.22
    村尾直人准教授及び安成哲平助教(大気環境保全工学研究室)の講演が行われます。
  • 2016.11.04
    第24回衛生工学シンポジウム(平成28年11月15日(火))のプログラムが確定しました。
  • 2016.11.04
    松井利仁教授(大気環境保全工学研究室)が石狩市で開催される公開学習会で講演します。
  • 2016.06.09
    第24回衛生工学シンポジウムが平成28年11月15日(火)に開催されます。
  • 2016.05.10
    村上道夫先生講演会のお知らせ
  • 2015.11.06
    第23回衛生工学シンポジウムのプログラムが公表されました。
  • 2015.10.13
    日本水環境学会・水中の健康関連微生物研究委員会シンポジウムのお知らせ
  • 2015.09.16
    松井利仁教授(大気環境保全工学研究室)の講演が行われます。
  • 2015.09.04
    第158回日本獣医学会学術集会にて佐野准教授の招待講演が行われます。
  • イベント一覧

    お知らせ
  • 2017.06.06
    第25回衛生工学シンポジウムの開催が決まりました.
  • 2017.06.02
    安成哲平助教(大気環境保全工学研究室)らの研究グループが,黄砂観測に関するプレスリリースを行いました.
  • 2017.05.29
    木村克輝准教授(サニテーション工学研究室)がFrontiers International Conference on Wastewater TreatmentにおいてBest Paper Awardを受賞しました.
  • 2017.05.01
    国立環境研究所と共同で全国に設置されているライダーの一台を工学部に設置・運用開始しました.
  • 2017.04.24
    松藤敏彦教授(廃棄物処分工学研究室)がIWWG(International Waste Working Group)のPresidentに就任しました.
  • 2017.04.24
    松藤敏彦教授(廃棄物処分工学研究室)監修の書籍「ごみと資源」が出版されました.
  • 2017.04.11
    松井佳彦教授(環境リスク工学研究室)が文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞しました.
  • 2017.02.20
    伊藤寿宏さん(水質変換工学研究室、博士3年)が第53回環境工学研究フォーラム・論文奨励賞を受賞
  • 2016.12.28
    ノロウイルスに関する佐野大輔准教授(水質変換工学研究室)のコメントがYomiuri Online YomiDrに出ています。
  • 2016.12.02
    普天間爆音訴訟地裁判決に対する松井利仁教授(大気環境保全工学研究室)の評論記事が沖縄タイムスに掲載されました。
  • お知らせ一覧