研究室の紹介
HOME >  研究室の紹介

研究室の紹介

環境問題の研究では、広い分野の先端技術と知識を高度に統合する必要があります。知的好奇心の旺盛な人、異分野横断研究を推進する行動力のある人を歓迎します。 行政他の立場で公共のために働きたいと願っている人。国際的に活躍してみたいという夢を持っている人。最先端の科学を応用した新技術を開発したいという熱意のある人。異分野・異文化の人々と積極的に交わり、環境問題の解決に新しい道筋をつける意欲のある人。新しい社会の枠組みを提案したいという「大志」を抱いている人。 きっと、我々のコースで良い出会いが待っています。
研究室の一覧
環境創生工学専攻 水質変換工学研究室
詳しくはこちら
画像
生物学分野の急速な進展に伴い、最新のバイオテクノロジーを活用した環境問題に対するアプローチは今後ますます重要となってきます。”美しくかけがえのない水環境”をいつまでも守るために、我々は”水環境バイオテクノロジー分野”の開拓を目指しています。
主な研究テーマ
  • ●微生物燃料電池による廃水からのクリーンエネルギー回収
  • ●Anammox細菌の生理学的特性評価およびAnammoxプロセスの窒素除去への適用
  • ●DNAマイクロアレイを用いた多指標型バイオアッセイの開発
  • ●バイオフィルム形成メカニズムの解明 など
  • 環境創生工学専攻 サニテーション工学研究室
    詳しくはこちら
    画像
    「混ぜない」「集めない」をコンセプトとした資源回収型排水処理技術の開発により、適切な水および衛生施設を持たない人々の生活改善に寄与すると同時に、 尿と排水を資源化して利用する循環型社会構築に貢献します。
    主な研究テーマ
  • ●発展途上国向けコンポストイレの開発
  • ●尿中栄養塩類の回収資源化技術
  • ●尿中医薬品の処理技術
  • ●排水再利用に関する研究 など
  • 環境創生工学専攻 水環境保全工学研究室
    詳しくはこちら
    画像
    豊かな水環境を保全していくために、長期間にわたり国内外の水質調査を行い、水環境の劣化を正確に把握します。 さらなる水環境汚染を未然に防止するために、排水処理技術や水質分析技術を開発します。
    主な研究テーマ
  • ●水環境中カリウムの回収に関する研究
  • ●中小自治体の下水道事業の将来的危機回避策の検討
  • ●環境分析のための新規センサの開発
  • ●森林地域における汚染物質の動態解明 など
  • 空間性能システム専攻 環境人間工学研究室
    詳しくはこちら
    画像
    人と環境のかかわりに関する諸問題に取り組みます。人間を取り巻く環境要因(温度、湿度、光、空気質など)を人間のさまざまな特性(生理的、心理的、機能的など)をもとにして評価し、人間にとって適した環境の構築を目指しています。
    主な研究テーマ
  • ●温熱生理心理予測システム開発と温熱環境計画評価・制御への応用に関する研究
  • ●温度環境要因の生体影響評価とその応用に関する研究
  • ●室内空気質の測定・解析と健康影響評価
  • ●人間の生理機能・環境適応能力とライフスタイルに関する研究 など
  • 空間性能システム専攻 環境システム工学研究室
    詳しくはこちら
    画像
    自然エネルギーの活用、高効率複合エネルギーシステム、環境負荷低減テクノロジー、また良好な室内環境、安全な労働産業環境の創造など、 健康で持続可能な社会の実現に向けて、都市のエネルギー消費と生活環境問題の解決に取り組んでいます。
    主な研究テーマ
  • ●自然エネルギー利用に関する研究
  • ●高効率熱源システムに関する研究
  • ●蓄熱システムに関する研究
  • ●快適な空間創造に関する研究 など
  • 空間性能システム専攻 環境計画研究室
    詳しくはこちら
    画像
    環境研究、特に音環境に関する研究及び熱利用に関する研究、道路交通騒音を軽減する遮音壁を高性能化する研究、 能動的騒音制御技術を使って道路交通騒音を低減する研究、戸外での騒音の伝搬性状の研究、道路面での熱発電の研究などを行っています。
    主な研究テーマ
  • ●道路交通騒音を軽減する遮音壁を高性能化する研究
  • ●能動的騒音制御技術を使って道路交通騒音を低減する研究
  • ●戸外での騒音の伝搬性状の研究
  • ●道路面での熱発電の研究 など
  • 環境創生工学専攻 廃棄物処分工学研究室
    詳しくはこちら
    画像
    ごみ問題は、ごみの発生、分別、収集から、中間処理、資源化を経て埋立処分に至「システム」ととらえ、適正な技術の選択を行わなければなりません。 実験、調査、データ分析などさまざまな手法を用い、ごみ処理全般にわたる広い範囲で研究を進めています。
    主な研究テーマ
  • ●安全安心な最終処分(埋立地の安定化度評価、有害物の挙動など)
  • ●廃棄物の資源化・処理技術(焼却、水熱処理、生物処理など)
  • ●ごみ処理システムの評価(物質収支、エネルギー収支、コスト分析など)
  •  
  • 環境創生工学専攻 大気環境保全工学研究室
    詳しくはこちら
    画像
    私たちを取り巻く空気中の微粒子「エアロゾル」の本質に迫ろうと、フィールド観測、観測・解析手法の開発に取り組んでいます。 音伝般に関する研究、CO2排出量削減・地域エネルギー自給を目指したバイオマスに関する研究も行っています。
    主な研究テーマ
  • ●海外・国内におけるエアロゾルとガスのフィールド観測
  • ●大気エアロゾル測定装置の開発
  • ●モデルを用いた大気汚染解析
  • ●バイオマス燃料の製造・利用法の開発
  • 環境創生工学専攻 環境リスク工学研究室
    詳しくはこちら
    画像
    ナノスケール微粒子を用い、次世代型の浄水処理技術を開発するとともに、既存、新規水処理技術の評価を行う事を目指します。 基礎研究のみならず、その実用化までを視野に入れるとともに、環境政策に密接につながった研究を薦め、政策への提言を発し続けます。
    主な研究テーマ
  • ●超微粉化活性炭を用いた浄水処理の高度化
  • ●新規凝集剤を用いた浄水処理の高度化
  • ●促進酸化処理による微量汚染有機物の分解除去
  • ●水質基準策定や監視農薬選定のための流出の曝露解析モデルの構築と評価 など
  • 環境創生工学専攻 循環計画システム研究室
    詳しくはこちら
    画像
    システム工学的・社会経済的な手法を用いて、廃棄物およびバイオマスの物流・変換の循環システムを合理的に創り上げ、社会普及をはかることを研究目的としています。
    主な研究テーマ
  • ●持続可能な社会を目指した循環計画の策定手法
  • ●廃棄物およびバイオマスのリサイクルシステム構築手法
  • ●汚染現場の環境保全とリスク管理手法の開発
  • ●リスクコミュニケーション手法の開発 など
  • 環境創生工学専攻 循環・エネルギー技術システム分野
    詳しくはこちら
    画像
    廃棄物系バイオマスのバイオガス化事業や、 環境保全だけではなく、資源循環、エネルギー利用、延命化などの機能をもつ最終処分システムの実現に向けて、事業化モデルの検討を行っております。
    主な研究テーマ
  • ●持続可能な社会を目指した循環計画の策定手法
  • ●廃棄物およびバイオマスのリサイクルシステム構築手法
  • ●汚染現場の環境保全とリスク管理手法の開発
  • ●リスクコミュニケーション手法の開発 など
  • 工学部1年生のみなさんへ
    高校生のみなさんへ
    入試情報
    イベント情報
  • 2016.11.25
    寒冷地における水管理に関する国際教育プログラムワークショップが開催されます。
  • 2016.11.22
    村尾直人准教授及び安成哲平助教(大気環境保全工学研究室)の講演が行われます。
  • 2016.11.04
    第24回衛生工学シンポジウム(平成28年11月15日(火))のプログラムが確定しました。
  • 2016.11.04
    松井利仁教授(大気環境保全工学研究室)が石狩市で開催される公開学習会で講演します。
  • 2016.06.09
    第24回衛生工学シンポジウムが平成28年11月15日(火)に開催されます。
  • 2016.05.10
    村上道夫先生講演会のお知らせ
  • 2015.11.06
    第23回衛生工学シンポジウムのプログラムが公表されました。
  • 2015.10.13
    日本水環境学会・水中の健康関連微生物研究委員会シンポジウムのお知らせ
  • 2015.09.16
    松井利仁教授(大気環境保全工学研究室)の講演が行われます。
  • 2015.09.04
    第158回日本獣医学会学術集会にて佐野准教授の招待講演が行われます。
  • イベント一覧

    お知らせ
  • 2017.06.06
    第25回衛生工学シンポジウムの開催が決まりました.
  • 2017.06.02
    安成哲平助教(大気環境保全工学研究室)らの研究グループが,黄砂観測に関するプレスリリースを行いました.
  • 2017.05.29
    木村克輝准教授(サニテーション工学研究室)がFrontiers International Conference on Wastewater TreatmentにおいてBest Paper Awardを受賞しました.
  • 2017.05.01
    国立環境研究所と共同で全国に設置されているライダーの一台を工学部に設置・運用開始しました.
  • 2017.04.24
    松藤敏彦教授(廃棄物処分工学研究室)がIWWG(International Waste Working Group)のPresidentに就任しました.
  • 2017.04.24
    松藤敏彦教授(廃棄物処分工学研究室)監修の書籍「ごみと資源」が出版されました.
  • 2017.04.11
    松井佳彦教授(環境リスク工学研究室)が文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞しました.
  • 2017.02.20
    伊藤寿宏さん(水質変換工学研究室、博士3年)が第53回環境工学研究フォーラム・論文奨励賞を受賞
  • 2016.12.28
    ノロウイルスに関する佐野大輔准教授(水質変換工学研究室)のコメントがYomiuri Online YomiDrに出ています。
  • 2016.12.02
    普天間爆音訴訟地裁判決に対する松井利仁教授(大気環境保全工学研究室)の評論記事が沖縄タイムスに掲載されました。
  • お知らせ一覧