第26回 衛生工学シンポジウム

第26回記念シンポジウムの開催について

案内文章のダウンロード
公募要領のダウンロード

日時 2018年11月8日(木)-9日(金)
場所 北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟 

参加費 1,000円

8日(木)
9:00~10:30:北大衛生環境工学スタッフによる各自の研究紹介
10:40~12:15:一般研究発表・事例紹介
13:00~14:30:企画セッション1
1-1 「世界に羽ばたく北大OB・OG 水研究者による最新研究紹介」
1-2 「環境政策を施行する人材の供給現状・展望」
14:40~16:10:企画セッション2 「環境教育とSDGs」
16:20~17:50:特別セッション「変化に備えよ:気候変動影響への対応」
18:00~20:00:懇親会(工学部食堂、会費3,000円)
9日(金)
9:00~10:00 北大環境工学コースの最新研究成果
10:15〜17:00 衛生工学・環境工学関連企業・自治体の活動紹介・パネル展示

拝啓
向暑の候、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素より当シンポジウムの開催に対し格段のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
昨年「衛生工学シンポジウム」は第25 回の節目を迎えました。特別記念講演会の開催と過去最高となった参加登録人数により、これからの10 年、25 年に弾みをつけることができました。より一層、皆様に大事にして頂けるシンポジウムにしてゆく所存です。どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。
第26 回となる「衛生工学シンポジウム」は平成30 年11 月8 日(木)・11 月9 日(金)に開催します。会場は工学部フロンティア応用科学研究棟です。衛生工学・環境工学全般にわたる最新のトピックに関する議論、研究成果の発信、人的交流などを目的としたシンポジウムとなっております。多くの方のご参加をお待ちしております。
お陰様をもちまして、ここ数年多くの方にご来場を頂いております。参加者数が増えた結果、ポスター発表・企業パネル展示会場の混雑が問題となっておりました。今回は発表会場の混雑緩和と、より充実した情報交換を行える場の提供を目的としてプログラムの見直しを行い、2 日間での開催としました。1 日目は従来同様のシンポジウム形式で開催します。「環境工学関連企業・団体の活動紹介」と次年度に修了を控えた「修士・博士学生による研究発表」については、2 日目に集中開催します。詳細につきましては上記の公募要領をご参照ください。
本シンポジウムでは、北大の研究を皆様に広く知って頂くためのセッションを含め、多くの方にご興味を持って頂けそうなプログラムを用意しております。本年度も参加費を1000 円に据え置きます。従来から行ってきた一般研究発表・事例紹介についてもより一層の充実を目指しております。道内外の企業や自治体等から多くの発表申込をお待ちしております。特に、道内自治体からの事例紹介の発表お申込を歓迎致します。このシンポジウムが契機となって、道内の衛生工学・環境工学に関連した産官学のネットワークが緊密になることを期待しております。
一般研究発表・事例紹介はハイブリッド形式で実施しますが、既発表の内容・ポスター等をお使い頂いても結構です。詳細につきましては上記の公募要領をご参照下さい。
皆様お誘い合わせのうえ、衛生工学シンポジウムへご参加くださいますようご案内申し上げます。
敬具

衛生工学シンポジウム実行委員会
委員長 松藤 敏彦
〒060-8628 札幌市北区北13 条西8 丁目
北海道大学工学部衛生環境工学コース内

なお、ご不明な点がございましたら、衛生工学シンポジウム実行委員
木村克輝(電話:011-706-6271,Email: kkatsu@eng.hokudai.ac.jp)
までお問い合わせください。

コメントは停止中です。