コース紹介

「永続する健全で豊かな人間社会」を支える化学技術者への登竜門
「永続する健全で豊かな人間社会」を支える化学技術者への登竜門

社会の発展に貢献する化学技術の未来

私たちの身の回りには、衣料品、食品、住宅材料、医薬品、電子材料、自動車、道路(セメント等)など、化学製品に満ちあふれています。この様に、高度に発展した先端工業化学技術の上に成り立っている現代社会で、地球環境問題やエネルギー資源問題を解決しつつ、快適な生活を維持するには、新たな機能を持つ物質(材料)が常に求められます。
化学は周期表にある全ての元素を対象としています。これらの元素を原子・分子レベルで組織的に配列することで、特異な機能を発現する物質(材料)を得ることができます。その配列の組合せは無限であり、化学には新たな夢の物質(材料)を創り出す可能性が永遠に約束されています。

応用化学コースが目指す教育

応用化学コースは工学部の化学と言う立場に立ち、原子・分子レベルでの物質の特性評価や新物質の創成から、その恩恵を多くの人が共に享受できるように工業的に大量生産する技術開発までの幅広い内容を対象としています。例えば、自動車は多様な化学物質からつくられた多くの部品から構成されています。そうした製品が完成し、社会の多くの人々がその恩恵にあずかることで、その開発に関わった研究者・技術者は達成感を持つことができます。応用化学コースは、こうした「夢を実現する化学」を実践できる化学研究者、化学技術者を育成することを目的としています。

応用化学コースで学ぶ化学と工学

応用化学コースでは、化学技術を通して社会の発展に貢献できるように、化学全般に渡る広い基礎知識と高度な専門知識を兼ね備えた、総合的な判断と創造的な発想ができる人材を育成します。そのために、本コースでは基礎科目として物理化学・有機化学・無機化学・分析化学・高分子化学・生化学・化学工学を学び、これらの習得後、有機合成化学・化学プロセス工学・バイオテクノロジー・有機および無機化学工学・機能材料化学などに関する専門的な科目を学びます。

実験を通じてスキルを養い、物質の真実の姿を見る

2~3年次では、社会に巣立った後でも多くの人が仕事として行うことになる様々な実験の基礎を学びます。分析化学、物理化学、有機化学、無機化学、高分子化学、材料化学、生化学、化学工学などの幅広い内容の実験を通して工学としての化学全般について知識と実験技術を身に付けます。 また、4年次には各研究室での卒業研究を通して、さらに高度な実験技術を習得します。

卒業研究と大学院進学など、4年生は社会に飛び立つ準備期間

3年次の終わりに、大学院有機プロセス工学部門、生物機能高分子部門、物質化学部門、そして関連する研究センターに所属する20の研究室より一つの研究室を選び、卒業研究に取り組みます。
卒業研究は最先端かつ学問的にも高い水準のものであり、所望もしくはそれ以上の成果を得ることができたときには、研究者としての喜びや充実感を味わうことができます。また、それらの研究成果は学会での発表や学術論文として世の中に公表されます。
さらに、大学院の入学試験に合格すると、大学院修士課程に進学することができます。現状では、学部卒業生の約9割が大学院総合化学院に進学し、より高度な知識の習得と研究に専念しています。

1年次(総合教育部)
全学教育科目
  • 教養科目(文学、芸術、歴史等)
  • 外国語科目
  • 基礎科目(数学、物理、化学、生物等)
  • 共通科目(体育学、情報学等)
2年次
学科共通科目・コース専門科目
  • 物質変換工学
  • 応用数学
  • 技術者倫理と安全
  • 物理化学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 有機化学Ⅰ・Ⅱ
  • 無機化学
  • 量子化学Ⅰ
  • 生化学Ⅰ
  • 基礎プロセス工学
  • 応用化学学生実験Ⅰ
3年次
コース専門科目
  • 有機化学Ⅲ・IV
  • 生化学Ⅱ
  • 高分子化学Ⅰ・II
  • 化学工学Ⅰ・II
  • 分析化学Ⅰ・II
  • 応用化学学生実験Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ
  • 触媒化学
  • 分子材料化学
  • 反応工学
  • 固体化学
  • 化学プロセス工学
  • 量子化学Ⅱ
  • 生物化学工学
  • 無機材料化学
  • 電気化学
  • 電子材料化学
4年次
コース専門科目
  • 卒業研究
修士課程・博士後期課程
  • 応用分子化学Ⅰ(有機合成化学)
  • 応用分子化学Ⅲ(触媒材料設計)
  • 応用物質化学Ⅰ(ナノセラミックス特論)
  • 応用物質化学Ⅱ(無機物性化学)
  • 応用生物化学Ⅲ(再生医療工学)
  • 応用生物化学III(生命システム工学)
  • 反応工学特論
  • 応用生化学特論
  • 総合化学実験指導法
  • 総合化学実験研究法
  • 総合化学特別研究(修士課程)
  • 総合化学特別研究第一(博士後期課程)
この世をもっと便利にする、化学のチカラ

現代社会を支えている、便利な化学製品の数々。
それを生み出す元素の組み合わせには、無限の可能性がある。
環境に配慮しながら、社会の発展に貢献する新物質を開発しよう。

化学の知識や最新技術を応用して無限の未来を創造しよう
ページトップに戻る
有機プロセス工学部門
Copyright© 2011–2017 Course of Applied Chemistry All Rights Reserved. Produceds by B-faith.inc - navi - iChild