新1年生・受験生へ

ノーベル賞に輝く研究が生まれた応用化学コースで学ぼう
ノーベル賞に輝く研究が生まれた応用化学コースで学ぼう
応用化学コースでは、原子・分子レベルでの設計に基づく新たな化学物質や材料の創成から、これらを工業的に生産する技術開発までを対象として、研究開発と人材教育を行っています。[応用化学コースリーフレット]
応用化学コースは、こんな人におすすめ

応用化学とは、「夢を実現する化学」です

夢を実現する化学

化学は、周期表にある元素の無限の組み合わせで夢の物質(材料)を創りだすことができます。これらの新しく開発した化学物質から、衣料品、医薬品、携帯電話等の電子材料、ハイブリッド自動車やジェット飛行機の部材が製品化され、多くの人々の生活を支えています。

夢の材料や新たな化学物質の開発研究を行い、そして、夢の材料を多くの人の元へ届けるための実用化を目指す、それが『応用化学』です。

コース紹介

応用化学コースでは、高校で習得した知識を深化・発展させ、創造的発想力と総合的な判断能力を養うことが出来ます

創造的発想力と総合的な判断能力を養う

有機化学・無機化学・分析化学・高分子化学・生化学・化学工学と様々な分野を幅広く学びます。物質の特性評価や新物質の創成から、工業的に生産する技術開発を通して新しい未来を創造する、そんな人材を育成しています。

応用化学コース要望科目
化学Ⅱ、基礎物理学Ⅰ又は物理学Ⅰ、基礎物理学Ⅱ又は物理学Ⅱ、微分積分学Ⅰ

教育目標

在校生の声 在校生から一年生・新入生へのメッセージ

c04_01
実験や授業を通して、自分にあった分野がきっと見つかるはずです。
勝田 小百合さん (応用理工系学科 応用化学コース4年)

高校生の時からものづくりに興味があったことと、学生数も比較的多いので刺激も多いのではないかと思い、このコースを選択しました。2~3年次の授業では、無機化学、有機化学、分析化学、量子化学、化学工学など、高校の化学からは想像できないさまざまな分野を幅広く学ぶことができます。

実験や授業を通じて、やりたいことがきっと見つかるはずです。将来は、大学院へ進み、卒業後は化学系の会社で働きたいと考えています。


c04_02
4年次には、各研究室での卒業研究を通じて、創造的発想力と総合的な判断能力を身に付けます。
早坂 浩昭さん (大学院総合化学院 総合化学専攻 修士課程2年)

テレビや照明に使われているLED。私はその中の青色LEDをナノサイズで作ろうとしています。 化学反応を利用することで作るのですが、ナノの世界で何が起こっているかは想像するしかありません。
いくつもの困難がありますが、その原因を想像し、反応の起こり方を少しずつ改良していきます。想像したとおりに改良できたときには喜びがこみ上げてきます。

皆さんも、北大工学部と大学院で最先端のナノテクノロジーを学んでみませんか。


卒業生の進路・就職情報在校生から一年生・新入生へのメッセージ

産業別就職状況

グラフ

卒業後の進路

応用化学コースでは、学部卒業者の9割以上が大学院修士課程に進学します。さらに、修士課程を修了した学生の1割近くが博士後期課程に進学します。学部卒業者や修士修了者の就職先は、化学・石油・食品・電気・情報など多岐の分野にわたっています。

取得可能な資格
  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
  • 高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
  • 甲種消防設備士(受験資格)
  • 毒物劇物取扱責任者

就職情報へ

※資格の取得には指定科目の修得が必要なものもあります。
※産業別就職状況・主な就職先は、2009年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

この世をもっと便利にする、化学のチカラ

現代社会を支えている、便利な化学製品の数々。
それを生み出す元素の組み合わせには、無限の可能性がある。
環境に配慮しながら、社会の発展に貢献する新物質を開発しよう。

化学の知識や最新技術を応用して無限の未来を創造しよう
ページトップに戻る
有機プロセス工学部門
Copyright© 2011–2017 Course of Applied Chemistry All Rights Reserved. Produceds by B-faith.inc - navi - iChild