トピックス

夢を実現する化学を学び研究する それが応用化学コース

トピックス一覧 講演・研究者紹介・お知らせ動画

応用化学コース二年生宿泊研修を実施しました。

2017-04-30

応用化学コース二年生の宿泊研修を実施しました。
日時 4月13日(木)午後〜14日(金)
場所 大滝セミナーハウス宿泊ならびに工場見学(室蘭,札幌)

北海道内国立大学・国立高専の研修施設である大滝セミナーハウス(伊達市大滝区)で応用化学コース二年生の宿泊研修を行いました。
自然の中で温泉を楽しみました。夜の懇親会では,教員や学生さん同士の親睦も深めました。
2日目はJXTGエネルギー室蘭製造所(室蘭),雪印メグミルク(札幌)の工場見学をしました。

↓クリックすると拡大

28年度 卒業証書、学位記(修士・博士)を授与しました

2017-03-24

3月23日(木)に平成28年度卒業生・修了生に卒業証書、学位記(修士・博士)を授与しました。その後、工学部食堂にて祝賀会を行いました。

DSC01606

DSC01657

受賞・表彰情報を公開しました

2017-03-22

応用化学コースの教員,学生,研究員の方の受賞・表彰を掲載しました。

 

受賞・表彰情報のページはこちらから

 

応用化学部門送別会を開催しました

2017-02-17

今年度で退職なさる荒井教授,吉川教授,事務員の井上さん,東京農大に転出される田口教授の送別会を2月16日木曜日に学内施設のレストランエルムで開催しました。


CIMG0727

平成28年度卒業論文,修士論文発表会を開催しました

2017-02-16

2月9日(木),10日(金)に修士論文発表会を,2月13日(月),14日(火)に卒業論文発表会を開催しました。修士論文発表会は2会場で,卒業論文発表会は1会場で行いました。卒論発表の学部生の中には初めての大舞台に緊張する姿も見受けられましたが,修論発表の修士の学生は落ちついて最新の研究結果を発表されていました。学部の3年生も多数聴講していましたが,研究室選択の判断材料になったでしょうか?

2月8日に1年生むけ説明会をE314教室でおこないました

2017-02-08

2月8日に1年生むけ説明会をE314教室でおこない,6名の先生、2名の大学院生の方に応用化学コースの説明をしていただきました。参加された1年生の皆さんが、先生方の説明や実演を熱心に見ておられたのが印象的でした。大学院生の相談員にも熱心に質問する参加者の方が多数おられました。皆さんがよい進路を選択できることを願っています。

2月8日に、1年生むけ説明会(E314教室)を実施します。ぜひ来てください

2017-01-20

毎回好評の応用化学コース説明会、今回もコース内から選りすぐられた6名の先生方が、応用化学コースの様子や研究について、わかりやすく説明します。また説明会には若手からベテランまでの先生方・大学院生が常駐し、相談員として一年生のみなさんの疑問を解消します。「応化は難関と聞きますが,自分の成績でOK?」「博士課程に進学し研究者を目指したいのですが?」「就職は?」などなど疑問に思ったことはこの機会になんでも聞いて下さい。

↓クリックで拡大化学は七色

 

応用化学コース二年生宿泊研修を実施しました。

2016-04-21

応用化学コース2年生の宿泊研修を実施しました。[日時 4月14(木)午後〜15日(金)]
場所 大滝セミナーハウス,ならびに工場見学(室蘭,恵庭)

北海道大学の研修施設である大滝セミナーハウスで応用化学コース二年生の宿泊研修を行いました。
自然の中で温泉も楽しみました。夜の懇親会では,教員や学生さん同士の親睦を深めました。

↓クリックすると拡大

平成27年度卒業論文,修士論文発表会を開催しました

2016-02-17

2月8日(月),9日(火)に卒業論文発表会を,2月10日(水),12日(金)に修士論文発表会を開催しました。卒論発表の学部生の中には初めての大舞台に緊張する姿も見受けられましたが,修論発表の修士の学生は落ちついて最新の研究結果を発表されていました。学部の3年生も多数聴講していましたが,研究室選択の判断材料になったでしょうか?

2月5日に1年生むけ説明会をE312教室でおこないました

2016-02-17

2月5日に1年生むけ説明会をE312教室でおこない,七名の先生、二名の大学院生の方に説明をしていただきました。多数の1年生の方々にご参加いただきました。参加された1年生の皆さんが、先生方の説明や実演を熱心に見ておられたのが印象的でした。大学院生の相談員にも熱心に質問する参加者の方が多数おられました。皆さんがよい進路を選択できることを願っています。

↓クリックで拡大


 

1 2
この世をもっと便利にする、化学のチカラ

現代社会を支えている、便利な化学製品の数々。
それを生み出す元素の組み合わせには、無限の可能性がある。
環境に配慮しながら、社会の発展に貢献する新物質を開発しよう。

化学の知識や最新技術を応用して無限の未来を創造しよう
ページトップに戻る
有機プロセス工学部門
Copyright© 2011–2017 Course of Applied Chemistry All Rights Reserved. Produceds by B-faith.inc - navi - iChild