インターンシップ

学生のうちにアルバイトではなく自分の専門分野にある程度関係のある職場で職場体験をすることは将来の自分の未来像を描く上で非常に重要です。また社会とのつながりを実感した後は北大での研究生活もより充実したものになります。

欧米でもインターンシップは非常に重要視されており「卒業要件」にインターンシップ6ヵ月以上などと謳う学科も多くあります。

CEEDではインターンシップ第一(実働5日以上)、もしくはインターンシップ第二(実働15日以上)を履修し、かつ4週間以上インターンシップ研修を行う学生に対し渡航費の支援をしています。皆さんもぜひインターンシップの経験を積んでより豊かな学生生活を送って下さい!

海外インターンシップに興味のある方は「海外インターンシップ」へ。

国内インターンシップに興味のある方は「国内インターンシップ」へ。