システム利用マニュアル(教員向け)

CEEDのeラーニングシステムの使い方

講義模様などを収録して、動画コンテンツを提供できます。

CEEDのeラーニングシステムは、動画コンテンツを提供するための環境が整っています。
動画コンテンツの提供にあたっては、パソコンや携帯端末といった利用者の様々な視聴環境への対応や、動画を何パーセント視聴したか?というデータ取得などの機能が必要になりますが、CEEDのeラーニングシステムはその全てを備えています。
また、近年eラーニングで教育効果を高める方法として注目されているソーシャルネットワーク機能を備えており、掲示板機能やクイズ機能により、アクティビティに富んだコンテンツを作成することが出来ます。

配布資料を提供する場としても使用することが出来ます。

CEEDのeラーニングシステムは、動画コンテンツを提供するためだけの場に限ってはいません。学生への予習教材や配布資料として例えばワードファイルやPDFファイルなどを提供する場として使用することも可能ですので、もう研究室や教員が独自にホームページを立ち上げて資料ダウンロードページを作成する必要はありません。
この使い方が普及すると学生にもメリットがあります。学生は今までは履修する科目毎に、講義の度に別のサイトにアクセスして資料を取得する必要がありましたが、例えば専攻単位でまとまって活用すると、学生はただ一度のサイトアクセスで複数の資料を取得することができます。
もしそこに基礎知識を学ぶための予習教材が提供されていたら、講義で応用知識を学ぶ時間を多くしたり、基礎知識を振り返る時間を多くすることができます。

eラーニングシステムへのアクセス方法

1. システムへのアクセスには、ポータルサイトでアカウント情報を入力する必要があります。
新規のアカウント登録はポータルサイト上でも可能ですが、教員権限のアカウントは別途CEED管理者による手続きが必要です。また、撮影にご協力いただいた教員のアカウントはCEEDが作成し、別途メールにてアカウント情報をお知らせしています。

ポータルサイトはこちらです。
https://el.ceed.eng.hokudai.ac.jp/

manual-teachers-ja-access-01.png

ログイン後、画面中央の下にある「マイコース」を参照すると、自身が講師を担当した科目等が選択可能になっています。

manual-teachers-ja-access-02.png

2. 例えば、動画を視聴したい講義回をクリックし

manual-teachers-ja-access-03.png

3. 「受講開始」もしくは「プレビューする」をクリックすると

manual-teachers-ja-access-04.png

4. 収録した講義を視聴することが出来ます。
manual-teachers-ja-access-05.png
※視聴画面が表示されない場合はこちらを参照ください。

eラーニングコンテンツを単位修得のために利用できます

概要

遠隔地に居住している社会人学生・科目等履修生や、留学・インターンシップ・就職活動などのやむを得ない理由により通常の対面講義に出席困難な学生のために、工学系教育研究センター(以下、CEED)が提供するeラーニング教材を履修用補助教材として対面講義の一部に代える、もしくはeラーニング授業として対面講義の全部に代えることができ、科目担当教員と指導教員(研究室未配属の学生はコース長)の判断に基づいて単位認定を可能としています。

詳しい流れは、eラーニング利用チャートをご覧ください。

対象者

対象者は、やむを得ない理由があると科目担当教員および指導教員(またはコース長)が判断した、北海道大学大学院工学院または大学院情報科学研究科所属の大学院生と、工学部所属の学部生です。

対象科目

対象科目は、配信科目一覧に記載されている科目のうち、履修利用が認められている科目です。

開講期

実際の講義の開講期は、学生便覧で科目毎に定めている一学期または二学期のいずれか一方です。したがって、教材は常時視聴及び履修利用が可能であっても、履修登録は開講期に合わせて行う必要があり、単位認定(成績提出)の時期も原則として一年度に一回となっています。

科目担当教員と指導教員(またはコース長)に対する許可手続き

単位認定を希望する学生は、事前に科目担当教員と指導教員(またはコース長)の許可を得たうえで、履修登録の実施と、CEEDへのeラーニングシステム利用申請を行います。相談に来た学生と十分に話し合った上で、許可してください。

※動画コンテンツをどの程度視聴したかを示す「評定データ」は、eラーニングシステムの構造上、視聴のみ希望の学生も含めてすべて表示されるため、システム上で区別することができません。そのため、「eラーニングを利用して単位を修得しようとしている学生」であることを知る方法が「学生が許可を受けに来たとき」以外にありませんので、ご注意ください。

また、eラーニング教材をeラーニング授業として対面講義の全部に代える場合、学生は『eラーニング授業履修申請書:PDF版 / Word版』をCEEDへ提出します。申請書には、科目担当教員と指導教員(またはコース長)の許可印もしくは署名が必要です。
※履修用補助教材として対面講義の一部に代える場合は、申請書の提出は不要です。

履修利用と成績評価・単位認定

科目担当教員は、対面講義において実施される質問応答等の学習環境を保証するために、機会を設けて学生に対面する、学生からの質問に速やかに回答する、課題・レポート提出や期末試験の受験を求める等の方法で、十分な指導を行う必要があります。

また、科目担当教員は、対面講義における出席管理に相当する閲覧管理を行うこととなっています。閲覧管理のための参考データとして、配信システムで動画コンテンツをどの程度視聴したかを示す「評定データ」が、随時参照可能になっています。

成績評価は、科目担当教員の権限と責任において、対面講義と同等の質を保証する方法により厳正に行います。

※質問応答を行う者は、科目担当教員のほか、指導補助者であってもよいこととなっています。ここで言う指導補助者は、当該講義を行う教員の補助として、当該教員の指導計画の下で当該教員と密接な連絡をとりつつ学生等に対して質疑応答等の指導を行うものを指し、当該講義の分野に係る指導を十分に行い得る資質能力を有する者である必要があります。なお、指導補助者を置く場合であっても、学生等の成績評価は当該講義を行う教員の権限と責任において厳正に行わなければなりません。

履修利用するための「評定データ」をシステムで見るには

1. システムにアクセスし、ユーザ名とパスワード(あらかじめCEEDからメールでお知らせいたします。)を入力して「ログイン」ボタンを押します。
https://el.ceed.eng.hokudai.ac.jp/

manual-teachers-ja-grade-01.png

2. 自分の受け持っている科目が中央に表示されます。科目名をクリックします。

manual-teachers-ja-grade-02.png

3. 左下の「評定」を選択すると、この科目を視聴している人が表示されます。

manual-teachers-ja-grade-03.png

4. 左側に学生氏名、右側に「評定データ」が、講義回ごとに、0~100%で表示されます。

manual-teachers-ja-grade-04.png

アカウント情報をお知らせしたメールが見つからないなどお困りの際には

北海道大学大学院工学研究院
工学系教育研究センター eラーニング教育プログラム担当
TEL:011-706-7168(内線7168)
E-mail:ceed-con@eng.hokudai.ac.jp