『科学技術政策特論』7/21(金)16:30~18:00 国土交通省北海道開発局事業振興部都市住宅課 課長 渡邊 政義 氏 講義のご案内

工学院共通科目(大学院理工系専門基礎科目)「科学技術政策特論」では、毎週、中央省庁等の第一線で活躍しておられる方々を講師にお迎えし、科学技術を通じた社会の課題解決のあり方に関する講義を担当いただいております。

来る7月21日(金)は、国土交通省北海道開発局事業振興部都市住宅課 課長 渡邊 政義 氏が講義します。

つきましては、「科学技術政策特論」は学生を始め、教職員の皆様の聴講を歓迎しておりますので、興味のある方は是非お越しください。

日時:平成29年7月21日(金)16:30~18:00(5講目)
場所:工学部オープンホール(B201)


【メッセージ】

  • 学生の皆さんは、卒業・修了後の進路を、産官学の様々な分野を対象に検討されて、決定済みあるいは準備・就活中のことと思います。そして、どのような進路を選択されるにしても、将来は、その分野・業界を支える中心的な役割を果たされていくものと考えます。
  • 講師自身は、北大院修了後、技術系の国家公務員を選び、その後、国道の建設・管理を中心にしながら、これまで様々な仕事を経験する機会に恵まれました。
  • 講義では、自らの30年の行政経験を、幾つかのキーワードで振り返るとともに、現職の都市住宅行政の紹介を交えながら、技術系公務員の役割や、求められる能力(技術力とは何か)について、皆さんと一緒に考えたいと思います。

第14回講義案内
欠席届