【7/25(金)16:30〜18:00】『科学技術政策特論』 文部科学省 大臣官房政策課評価室長 斉藤 卓也 氏 講義のご案内

各位

工学院共通科目(大学院理工系専門基礎科目)「科学技術政策特論」では、毎週、中央省庁等の第一線で活躍しておられる方々を講師にお迎えし、科学技術を通じた社会の課題解決のあり方に関する講義を担当いただいております。

来る7月25日(金)は、文部科学省 大臣官房政策課評価室長 斉藤 卓也 氏が担当されます。

つきましては、「科学技術政策特論」は学生を始め、教職員の皆様の聴講を歓迎しておりますので、興味のある方は是非お越しください。

日時:平成26年7月25日(金)16:30~18:00(5講目)
場所:工学部オープンホール(B201)


【斉藤先生からのメッセージ】
厳しい国際情勢や財政状況、科学技術の現状などに触れつつ、科学技術政策の方向性についてお話しします。日本の将来像から導かれる科学技術政策をどのように合理的に作っていくか。そのために、どのように幅広い人を巻き込んでいくかなど、近年の取り組みをご紹介します。
あわせて、2020年に開催が決まった東京オリンピック・パラリンピックを受けて、スポーツだけでも、東京だけでも、2020年だけでもなく、いかに社会を変えていくかを考える「夢ビジョン2020」とその中の科学技術の取り組みもご紹介し、一緒に日本の将来を考えるきっかけにしてもらえたらと思います。


科学技術政策特論 7/25講義案内
科学技術政策特論 ポスター