CEEDについて

ceed

○工学系教育研究センター(CEED)は、組織のリーダーとして国際的に活躍できるよう、
工学系の学生に専門の枠を超えた、より実践的な教育プログラムを提供しています。

今、社会は何を求めているのか

●学生は自分の能力に気づいていない

●社会は学生の能力が見えていない

今、工学系学生に求められる能力とは

●仕事上、重要な能力

◎分析的に考察する力
◎新たなアイデアや解決策を見つけ出す力
◎大学で学んだ学問分野や専門領域に関する知識

●もっと育成すべき能力

◎新たなアイデアや解決策を見つけ出す力
◎外国語で書いたり話したりする力
◎プレゼンテーション能力
※北海道大学調査「本学卒業生に対する大学教育の成果に関する調査研究」(平成20年1月)より

実践的リーダーを目指して

専門分野の基礎知識、研究能力に加え、次のような能力を持ち、
産業界・学界で「実践的リーダー」になれる人材の養成を目指しています。

◎幅広い知識活用能力、問題発見・解決能力、企画力
◎リーダーシップ、チームワークのセンス、統合力
◎国際コミュニケーション能力、広い視野
◎技術者倫理、環境・安全への配慮等総合的な実践能力

CEEDの教育プログラム

●産学連携教育プログラム

海外長期インターンシップ
国内長期/短期インターンシップ
外国人インターンシップ生受け入れ

●国際性啓発教育プログラム

実践科学技術英語
Brush-Up英語講座
派遣前英語演習

●eラーニング教育プログラム

eラーニングによる教育支援
コンテンツ制作支援
遠隔履修支援
ICT活用教育

総合若手人材育成事業についてはこちらを参照して下さい。

活動報告書など