センター長挨拶

photo北海道大学工学研究科化学系3専攻(当時)、理学研究院化学部門および触媒化学研究センター(現 触媒科学研究所)を中心に活動した文部科学省グローバルCOEプログラム「触媒が先導する物質科学イノベーション」(平成19年度〜平成23年度)は、本学の化学教育・研究システムを世界基準で再編する重要な転機となりました。主要大学として初めて大学院化学教育組織を統合した大学院総合化学院の設立(平成22年度)や東アジアの拠点大学と連携した物質科学アジア国際連携大学院(平成24年度から国際先端物質科学大学院に名称変更)の設置(平成20年度)は、その典型的な成果です。また、工学部教授を務められた鈴木章名誉教授が、Richard F. Heck教授(米国、デラウェア大学)、根岸英一教授(米国、パデュー大学)らとともに2010年ノーベル化学賞を受賞されたことは、慶事であることに加え、本学の化学研究が世界的に認められたことを意味します。
このように、本学の化学系組織は我が国を代表する物質科学教育・研究拠点として成長しましたが、その活動を発展的に継続するため、文部科学省特別経費「次世代型クロスカップリング反応が拓く分子構築イノベーション」(平成24年度〜平成27年度)を新規教育研究支援事業としてご承認いただきました。この事業(MMC事業)を実施する拠点組織として工学研究院に「フロンティア化学教育研究センター(FCC)」を平成24年6月1日付けで設置し、活動を開始しました。平成26年度からは、新設されたフロンティア応用科学研究棟に本拠を移し、工学研究院と化学系関連部局の方々の力強いご支援を賜り、教育・研究支援活動を幅広く展開しています。本学化学教育・研究の発展に資するべく、一同邁進する所存です。ご指導、ご鞭撻賜るようお願いする次第です。

平成28年3月
フロンティア化学教育研究センター
センター長 大熊 毅